心が豊かになる仏陀の言葉

スポンサー広告



 【心が豊かになる仏陀の言葉】

今を大切に生きよ!

なるようにしかならん!

1.

以前には怠り、なまけていた人でも

のちに怠りなまけることが無いから

その人はこの世の中を照らす。

あたかも雲を離れた月のように

2.

学ぶことの少ない人は

牛のように老いる。

彼の肉が増えるが

彼の知恵は増えない。

3.

今日すべきことは

明日に延ばさず

確かにしていくことこそ

よい一日を生きる道である。

4.

目的が達成されるまで

人は努めなければならぬ。

自分の立てた目的が

そのとおりに

実現されるのを見よ。

5.

正しい教えを知らないで

百年生きるよりも

正しい教えを聞いて

一日生きる方がはるかに

すぐれている。

6.

おのれを抑えることと

多くしゃべらずに

じっと考えることは

あらゆる束縛を

断ち切るはじめである。

7.

愚かな人は常に

名誉と利益とに苦しむ。

上席を得たい

権利を得たい

利益を得たいと

常にこの欲のために

苦しむ。

8.

怨みは怨みによって

鎮まらない。

怨みを忘れて

はじめて怨みは鎮まる。

9.

多く説くからとて

その故に彼が

賢者なのではない。

ここおだやかに

怨むことなく

怖れることのない人

かれこそ「賢者」と

呼ばれる。

10.

過去は追ってはならない。

未来は待ってはならない。

ただ現在の一瞬だけを

強く生きねばならない。

11.

何処かで、誰から

産まれたのかを問うのではなく

あなたが何をし、これから

どうしようとしているのかを

問いなさい。

12.

実行力もないのに

他人の批判ばかりをしていてはならぬ。

13.

快楽より悲しみが起こり

快楽より恐れが起こる。

快楽より解説したる

人間にとりては

もはや悲しみも怖れもなし。

14.

教えればできるようになる。

教えればできるようになる。

というのは思い込みだ。

まして除霊・浄霊というのは

どうだろうか。

その魂が悟らなければならない。

15.

執着があれば

それに酔わされるのだ。

それゆえに

ものの姿をよく見ることができない。

執着を離れると

ものの姿をよく知ることができる。

だから執着を離れた心に

ものはかえって生きてくる。

16.

飲み友達なるものがある。

きみよ、君よとと呼びかけ

親友であると自称する。

しかし、事が生じたときに

味方となってくれる人こそ

友達なのである。

17.

眠れない人に夜は長く

疲れた者に道は遠い。

正しい教えを知らない人に

その迷いは長い。

18.

自分の心をよく観察して

貪欲と憂いを取り除きなさい。

19.

例え

『これは自分のものだ』

このように思っても

死ねば失う。

『自分のもの』という

幻想に負けてはいけない。

20.

足りないものは音をたてるが

満ち足りたものは静かである。

21.

周囲に惑わされず

自分の心に従いなさい。

22.

自分を変えるのは自分だけ

どんなに大きな変化も

すべてあなたの一歩から。

23.

心で思うことは実現します。

正しい心の持ち主には

幸運がついてくるものです。

24.

思いわずらうな。

なるようにしかならないから

今をせつに生きよ。

スポンサーリンク
スポンサー広告




スポンサー広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサー広告