本当の幸せとは?幸福の意味を教えてくれる名言を紹介します

スポンサー広告



誰もが幸せな人生を送りたい

と思っているのではないでしょうか?

しかし幸せ、幸福と一口に述べても

求める内容は人それぞれです。

他の人たちが

幸せとはどのようなものなのかを理解することで

今まで気が付かなった

幸福に気づけるかもしれませんよ。

今回は本当の幸せ

幸福の意味を教えてくれるような

名言を紹介します。

本当の幸せとは?幸福の意味を教えてくれる名言

それではさっそく見ていきましょう!

あなたの心をハッピーにしてくれる

一言を見つけてくださいね。

本当に心の底から希望する人生を送るためには

「仕方がない」と妥協した人生ではなく

第三のスタンダードが必要です。

成功におけるの第三のスタンダードとは

ずばりお金と権力に勝るもの。

幸福、知恵、驚愕

そして他者に与えることの

4つの柱からできているのです。

‐アリアナ・ハフィントン‐(作家)

私は、楽観的になれば

成功するという考えには否定的で

むしろ、幸せに人生を成功していく人は

何事がおこっても

ハッピーエンドストーリーにこじつける

想像力が豊かであると言い換えたい。

‐奥田弘美‐(精神科医)

正解はこれしかないと

決めつけるから辛くなる。

これが幸せだと決めつけるから

そこにたどり着けない人が苦しむことになる。

‐萩本欽一‐

自分さえよければ

人はどうなっても構わないという考えは

信念でもなんでもなく

ただの我欲だから幸せになれない。

‐市川善彦‐(警備会社社長)

あなたにしか実現できない

幸せを生きるためには

「自分と人は違う」と思うところから

スタートするしかないのです。

‐叶恭子‐

幸せを知らなかった方が

幸せなことがいっぱいある。

幸せになればなるほど

不幸せになるかもしれない

要素も増えてくんだね。

‐小畑友紀‐(漫画家)

愛されることが幸せなことだと

誰もが思っている。

しかし実のところ

他人を愛することこそが幸せなのです。

‐ヘルマン・ヘッセ‐

他人から見れば

気がつかないような小さなことであっても

「成長出来ている」

「良くやった」

と感じること

ちっちゃな幸せを積み重ねていく。

‐長友佑都‐

幸せだけを追い求める心が

最終的には悲劇を呼び寄せてしまいます。

幸せとは

悲しみと苦しみを克服した心だけが

作り出せるものなのです。

‐マハトマ・ガンディー‐

残念ながら幸せは永遠でないから

幸せでい続けたいのなら

努力もずーっと続けなくちゃいけない。

‐IKKO‐

仕事が予定より5分でも早く終わると本当に嬉しい。

いつも行く定食屋のゴハンが炊きたてだと興奮する。

スーパーで白菜が昨日より安いとエレクトする。

俺の幸せってそんな事。

‐有吉弘行‐

PERMAから見た幸せの本質

幸せの基準は人それぞれ。

自由に使えるお金がたくさんあることで

幸福を感じる人もいれば

お金はなくても幸せを感じている人もいます。

幸せの本質を説明したものの一つが

PERMAです。

心理学者のセリングマンが考案した理論で

以下に述べる5つの要素から成り立っています。

Pはポジティブな感情

PはPositive Emotion

つまりポジティブな感情のことです。

愛や希望、喜び、笑いなどの

ポジティブで前向きな感情を持っていることが

幸せであるということですね。

Eは物事に没頭、集中できること

EはEngagementのことです。

日本語では婚約や雇用の他

没頭することや取り組むことを指します。

仕事や趣味などにおいて何か没頭したり

集中したりできるものがあると

幸福感を感じることができます。

Rは信頼関係

RはRelationship、信頼関係を指します。

家族や恋人など

親密な関係の他者が周りにいると安心して

幸せな感情を持つことができるでしょう。

Mは生きる意味

MはMeaning、意味のことです。

生活の中で何か意味のあるものや

意義を感じられるようなものがあると

幸福感につながるとされています。

Aは完成や達成

最後のAはAccomplishmentのことです。

完成や達成、向上などを指します。

物事をやり遂げたり

自分の力や価値観が向上できたと

感じられた時に幸せな感情に包まれます。

幸せな感情を高めるためにしたいこと

今ある環境や生活の中で

幸せだと感じられる感情を高める方法があります。

それはズバリ、他人と比較をしないこと。

人間はなぜ他人と自分を比べたがるのでしょうか。

自分の置かれている状況と

他人の状況を比べて

「他の人よりも勝っている」と優越感を持ったり

「同じ境遇の人がいるんだ」と

安心したりするのですね。

プラスにも働きますが

「他人よりも劣っている」と

ネガティブな感情を

引き起こすきっかけにもなりかねません。

幸せな感情を高めたいのであれば

人との比較をストップしましょう。

大切なのは他人がどうこうではなく

あなた自身がどう感じるかです。

いまある環境を振り返って

幸せだと感じられる部分を探してみてください。

どうしても

他人と比べるクセが抜けない人は

過去の自分と比べてみるのも良いですね。

昔と比べて今はどうなのか

物理的な充実だけでなく

人間として成長をして

精神的に充実しているかを

考えてみましょう。

スポンサーリンク
スポンサー広告




スポンサー広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサー広告