【何かむしゃくしゃする!】イライラ時に読みたい名言を集めました

スポンサー広告



「物事が思ったように進まない」

「理由は分からないけど、何だかむしゃくしゃする」

など、イライラする感情に悩まされた経験はありませんか?

イライラした感情が湧くと自分だけでなく

周囲の人にも影響を与えることになるため

できれば抑えたいところ。

今回はイライラした時にこそ読みたい名言集を紹介します。

ストレスとイライラを解消法するには?

できればイライラした感情を持たず

毎日穏やかな気持ちで生活を送りたいものです。

偉人や有名人の名言を集めたので、見ていきましょう!

話すことは

確かに自分の気持ちを晴らすことには適しています。

それに対して、書くことは

自分の気持ちを見つめることに適しているといえるでしょう。

‐渡辺康麿‐

自分なんかご褒美もらえる人間じゃないと思え。

‐有吉弘行‐

思い通りにならない自分を責めるより

精一杯だった自分を褒めてあげたほうがいいんじゃない?

‐丸山隆平‐(関ジャニのメンバー)

周りで起こる全ての出来事を

自分の思い通りにすることは出来ないかもしれません。

でも、そうした出来事に支配されないと決意することは可能です。

‐マヤ・アンジェロウ‐

思い通りにならなかった人生だからこそ

それが自身を成長させてくれた。

‐IKKO‐

仕方がない・諦めるという言葉は、消極的なようでいて

実はベストを尽くす人の座右の銘でなければならない。

ベストを尽くして、結果がダメなら仕方がないと諦める。

‐茂木健一郎‐

もしストレスに対するあなた自身の考えを変えたら

ストレスに対する体の素直な反応を変えることができるでしょう。

‐ケリー・マクゴニガル‐

自己コントロールとは

情動を避けたり抑え込んだりするものではありません。

それは情動を、まるで馬のように乗りこなすということなのです。

‐チャディー・メン・タン‐

僕はデビューのころから、自分が世界でいちばん幸せだと思ってた。

給料が7万円だったときも幸せだった。

給料だと思えば安いけど

小遣いだと思えば7万円はすごいじゃん。

‐所ジョージ‐

適当男と言われている僕が言うと

自分を正当化しているようでなんだけど

日本人はいい意味でもう少し気楽に

適当に生きていいんじゃないかと思う。

‐高田純次‐

ストレスとイライラを感じる主な原因

まったく同じ状況が発生したとしても

ストレスを感じる人、イライラする人としない人がいます。

両者の違い

つまりストレス・イライラを感じる原因は何なのでしょうか。

1つは競争心が強い性格なことです。

常に他人と自分を比べて

自分の方が優れていると感じることに

快感を求める人ですね。

人よりもできないことや劣っていることが見つかると

思い通りになっていないと

ストレス・イライラを感じるようになります。

2つ目は

自分に自信がない人です。

成功体験や褒められる体験が少ないと自己肯定感

(ありのままの自分を受け入れる感情のこと)が育たず

常に自信がない状態に陥ります。

他人の合わせようという気持ちが働き

自分の考えや気持ち、ストレスを外に出せず

気が付かない内にイライラした感情が蓄積されていくのです。

イライラとサヨナラしよう!おすすめの対策法5つ

イライラは考え方次第で溜めなくて済むようになります。

また仮に溜まってしまったとしても

すぐに解消することが大切ですね。

おすすめの対策法を5つ見ていきましょう。

1.他人に対して期待しすぎない

1つ目は他人に対して期待しすぎないようにすることです。

家族や恋人、会社の部下など

周囲の人に対して期待をしすぎると

期待に沿えなかった時にイライラした感情が生まれます。

期待をすること自体は決して悪くありませんが

問題となるのが過度な期待です。

期待値を少し下げてみると、イライラを感じずに済みます。

2.終わったことはクヨクヨと考えすぎない

自分や周囲の人が何か失敗をしてしまったとしても

クヨクヨといつまでも考えるのは止めましょう。

ずっと考えていてもイライラした感情が続くだけで

何も良いことはありません。

気持ちをスパっと切り替えて

次に何をすべきかを考えるようにしてください。

3.適度に運動をする

3つ目は適度に運動をすることです。

特にジョギングやウォーキング、水泳などの

有酸素運動はイライラの解消にぴったり。

適度に体を動かすと、心もリフレッシュできます。

スポンサーリンク
スポンサー広告




スポンサー広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサー広告