充実した人生って?偉人たちの名言から充実の本当の意味を探ります

スポンサー広告



「充実した人生を歩みたい」

と思っている人はきっと多いことでしょう。

しかしちょっと待ってください。

充実って具体的に何を指すのでしょうか?

あなたが思っている充実は

実は本当の意味での充実ではないかもしれません。

今回は充実の本当の意味を教えてくれるような

偉人たちの名言を紹介します。

充実した人生って何だろう?本当の意味を教えてくれる名言集

それではさっそく見ていきましょう。

充実の意味を教えてくれるような

名言が見つかるはずですよ。

誰か一人でもいいので

もし他人のために何かできる人間になれたとしたら。

それはとてもやりがいがあることだけでなく

あなた自身が生きていた甲斐があるものです。

‐キューブラー・ロス‐(アメリカ精神科医)

やりもしない、働きもしないで

どうしてそのような喜びが得られるだろうか。

‐土光敏夫‐

自分がイメージする最高のものになるために

本当に最高の力を尽くした。

そして、その自己満足の結果が

心の平和となったのです。

‐ジョージ・ウッドン‐

充足感がないのは

自分がはっきり見えないから。

‐美輪明宏‐

僕は自分が充実した人生を送るために

生きているわけで

周囲の人から見て格好いいことをするために

生きているわけではない。

‐桑田真澄‐

他人の価値観に振り回されることなく

自分自身にとっての決して揺るぎないものを捉え

一歩ずつ確実に前に進んでいく。

それこそが充実感を得る秘密です。

‐メリル・ストリープ‐(女優)

勝負をせずに優越感をキープし続けるより

負けて屈辱を味わい

そこから這い上がる方が自分に合っている。

‐北島康介‐

真の達成感や充実感は

多大なコストと

リスクと

危機感を伴った作業の中にあり

常に失意と絶望が隣り合わせに存在している。

‐村上龍‐

やっぱり元気の秘訣は

いい仕事をして充実感を得ること

それから楽しくよく遊ぶこと。

-デヴィ夫人‐

悩み事は悩み事として存在するけれど

他の楽しいことを充実させることで

その悩みを薄れさせるのです。

‐小池一夫‐(漫画家、小説家)

大切な人間関係をより充実したものにする為に

できる素晴らしいことの一つは

予期せぬ時に

予期せぬ贈り物を贈ること。

‐ジェームス・スキナー‐(経営コンサルタント)

充実感と幸福感の違い

充実とは心が満たされている状況のこと。

幸せを感じている状況とも言い換えられますよね。

しかし充実感と幸福感とでは違いがあります。

充実感は何かを自ら積極的に取り組んだ結果

感じられる気持ちのこと。

例えば仕事や子育てに必死で自分の時間が持てないほど

忙しかったとしても

充実感を得られる人がいることでしょう。

対して幸福感はどちらかというと

受け身的な意味合いを持ちます。

優しい家族に囲まれている

お金をたくさん持っている

仕事に恵まれているなど

積極的に行動している状況ではなく

周りから囲まれていたり

与えられていたりする状況のことですね。

人生の中で充実感を持つためにできること5つ

充実感を持つと

毎日の生活に張り合いが生まれ

いきいきと人生を歩めるようになります。

最後に人生の中で充実感を持つためにできることを

全部で5つ見ていきましょう。

1.何でも良いので目標を設定する

1つ目は

目標を設定することです。

目標を設定することで

目標達成に向けて行動がスタートします。

明確な目標があるので

コツコツとした行動や作業が生まれ

充実感を持てるようになるでしょう。

内容は何でも構いません。

資格を取得する

仕事で成績を上げるなど

チャレンジしやすいものを設定しましょう。

2.フルパワーで取り組む

ものごとには全力

フルパワーで取り組むようにしてください。

何となく

そして適当に取り組んでいても

充実感を感じることはできません。

全力で取り組むと

「やりきった!」

と充実感を得ることができるでしょう。

3.自ら行動する

3つ目は

自ら進んで行動することです。

前述した通り

充実感は自発的な行動に付随するもの。

他人から言われて行動したものは

充実感にはつながりません。

自ら目標を設定して

自ら目標達成に向けて

具体的なアクションを起こしましょう。

4.交友関係を広げてみる

いまあるフィールドに留まるのではなく

思い切って交友関係を広げてみてください。

新しい友人や仲間と知り合うことで

興味の範囲が広がり

チャレンジしたいと思えることも生まれてくるはずです。

SNSの他に趣味のサークルや会合など

知り合う機会はたくさん。

いろいろな方法を用いて

新しい出会いを求めてみましょう。

5.とにかく行動してみる

最後は

とにかく行動してみることです。

少しでも興味を持てるものがあれば

まずは行動してみましょう。

年齢を重ねるとさまざまな経験をしてきた分

新しい行動に対してちゅうちょしがち。

「どうせできない」

「無駄になる」と

行動にストップがかかってしまうのですね。

しかしそれではいつまで経っても何も変わらず

充実感を得ることもできないでしょう。

思い立ったらまずは

行動してみることも必要です。

スポンサーリンク
スポンサー広告




スポンサー広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサー広告