名言・いい言葉は人生を変える・諦めはプラスの言葉です!

スポンサー広告



あきらめの意味を調べてみました。

意味・・・あきらめること。思い切り。断念。

「~がつく」

「どうにも~がつかない」

「何事も~が肝心」

今、私たちが使っている『諦め』の言葉。

もう少し調べていると『諦め』の言葉は

今、私たちが使っている意味とは違います。

『諦める』

本来、仏教では、『諦観』と書き

『あきらかにみる』が元との語源。

何が問題が起きたとき

一体どこに原因があったのか?と

問いかけて

原因をあきらかにして

あきらかにした原因に納得して『諦める』

この時に、初めて、あきらめる。

諦める前に、原因を追究して

これが、間違いだった。

この時初めて、あきらめる。

そうでなければ、唯、あきらめることが癖になり

諦めた後に何も残りません。

それでは、あきらめに関しての

名言をお届けします。

諦めの名言

◆どんな結果になっても

 後の自分に必要な経験。

-大泉洋-

◆幸運をつかむには

方法も、法則も、テクニックもない。

あるとすれば、唯一つ

自分は運がいいと思うこと。

-秋元康-

◆仕方がない。諦めるという言葉は

消極的なようでいて

実はベストを尽くす人の座右の銘でなければならない。

ベストを尽くして

結果がダメなら仕方がないと諦める。

-茂木健一郎-

◆「諦め上手」は人生の可能性を切り開く

-桜井章一-

◆夢を追う人はそのまま成就させて欲しけど

諦めた人も別の道でまた違う夢が見つかる。

-内村光良-

◆年齢を重ねて諦めることが増えたとして

 『自分』を諦めてはいけない。

-三浦雄一郎‐

◆自分の悪いところは全部個性になるし

人生で犯してきた間違いが魅力になるの。

-アンジェリーナ・ジョリ―-

◆諦めることは自分しか出来ません。

-福島正伸-

◆頭がいい人ほど見切りが早く諦めも早いですね。

-出雲充-

◆僕は「人生諦めが肝心」という言葉を大切にしていますが

諦める為には

ある程度、行動や結果の積み重ねが必要。

-山田ルイ53世-

◆色んなことを諦めたら

どうしょうもない事を諦めたら

次の未来が見えてきました。

-岸田ひろ美‐

◆日本人は

「せっかくここまでやったんだから」という考え方に

縛られる傾向が強い。

過去の蓄積を大事にするというと聞こえがいいが

実態は過去を引きずっているに過ぎないと思う。

-為末大-

◆自分と向き合って

自分と格闘して

自分と自答して

弱い自分に打ち勝って

自分らしく生き続けること。

-本田圭佑-

◆悩めば悩むほど行き詰ってしまう。

絶望の季節もある。

そういう時

どうするか?

焦らない

自分と向き合うチャンスだと思って

じっくり腰を据えて

自分は本当に何がしたいのか

見極めること。

-岡本太郎-

◆夢の変更と夢の諦め

夢は

固定しなくてもいい

夢は

途中で変更してもいい

夢を

「諦める」のと

「あっちの夢違うわ、自分やりたいのこっちだわ」と

気付いて

夢を変えるのは

似ているけど違う話

なのに後者も「夢を諦めた」と

見なす人がいる

違う、違うよそれは

スポンサーリンク
スポンサー広告




スポンサー広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサー広告