【人生を楽しむ】日常を充実させるヒントがつまった名言を紹介!

スポンサー広告



突然ですが、あなたは人生の楽しんでいますか?

「毎日仕事に追われて、生活を楽しむ余裕なんてない」

「恋人もいないし、毎日が全然楽しくない」

など、不満を抱えていたり、

刺激が足りないと感じていたりする人もいることでしょう。

同じ生活状況であっても

人生を楽しめるかどうかは考え方次第。

ちょっとしたコツを実践するだけで

あなたの日常はグンと充実したものに変われるはずです。

今回は人生を楽しむ

日常を充実させるための

ヒントがつまった名言を紹介します。

【人生を楽しむ】日常を充実させるヒントがつまった名言

それではさっそく見ていきましょう!

人生を楽しみ

謳歌できるような一言を見つけてくださいね。

成功を喜び、失敗の中にユーモアを見出しなさい

あまり真剣に考えてはいけない

リラックスしなさい。

そうすれば周りの人すべてがリラックスするだろう

楽しみなさい

いつも熱意を示しなさい。

‐サム・ウォルトン‐

「生きること」に深刻になりすぎるな。

人生は楽しむためにある。

‐高橋歩‐

言葉をつつしみ

自分の偉さをあらわそうとはせず

気どらなければかえって

人に尊敬され

親しまれ

したがって自分も楽しみが多いが

いばり

虚勢をはる人は

他からきらわれて

孤立し

人望を失うにいたる。

‐石橋正二郎‐(ブリジストン社創業者)

相手が楽しむことを

あなた自身も楽しみ

相手もあなたが楽しいと思うことを

楽しまなくてはいけません。

‐ウディ・アレン‐(俳優・監督)

自分以上のものを求めるのではなく

自分の持っているものを楽しむ。

‐所ジョージ‐

人生に晴れの日は少ない

辛いこともたくさんある。

そんな中でいかに日常を楽しむかが

私のモットー。

‐竹内まりや‐

人生はこの先もまだまだずっと続く。

きっと刺激的ななことが起こるのは間違いなく

私はそれを楽しみにしているのだ。

‐ヘルマン・マイヤー‐

晴れた日は晴れを愛し

雨の日は雨を愛す。

楽しみあるところに楽しみ

楽しみなきところに楽しむ。

‐吉川英治‐

楽しむっていう事を段々忘れていた時があった。

‐安室奈美恵‐

あんまり深く突き詰めて考えない。

「今日を楽しむ」

と考えていけば

何とかやっていけるんじゃないかな。

‐やなせたかし‐

人生を楽しめない人が持つ3つの特徴

同じような状況であっても

人生や生活を楽しめる人と

楽しめない人がいます。

両者の違いがどこにあるのでしょうか。

人生を楽しめない人が持つ

3つの特徴を見ていきましょう。

常に100点満点を目指している

まずは常に100点満点を目指している

完璧主義の人です。

仕事やプライベート

何においても完璧さを求めるため

少しでも上手く物事がいかなかった時に

自分を責めてしまいます。

常に緊張やストレスと戦っているため

人生や生活を楽しめる余裕などありません。

周囲からの評価を過剰に気にする

同僚や友人、知らない人たちからの

評価や目を必要以上に気にする人も

人生を楽しめていない可能性があります。

人からどう思われているのかが不安で

自分の意見を言えなかったり

本当は嫌なのに他人の意見を取り入れたりしていては

まるで他人の人生を歩んでいるのと同じこと。

常に重荷を背負い

他人のために生きているようなものです。

また他者の批判には敏感になるため傷つきやすく

心はどんどん暗く落ち込んで行ってしまいます。

失敗することを恐れている

最後は失敗することを恐れている人です。

誰しも

なるべく失敗をしたくないと思うものですが

過度に心配し過ぎると何もできません。

新しいことにチャレンジする機会も

なくなってしまうでしょう。

失敗を恐れずにチャレンジできるようになれば

もっと人生を楽しめるようにもなるはずです。

スポンサー広告



今の生活をもっと楽しむためのヒント

最後にいまの生活や人生を

もっと楽しむためのヒントを紹介します。

1.自分の心に素直に従う

人生を楽しむためのコツは

あなた自身がやりたいと思う心に素直に従うことです。

「やらないといけないから」

「本当はやりたくないけど、世間体があるから」

など、義務感や他人の目を気にしていては

息がつまります。

あなたが心の底から

本当にやりたいと思えることに

思い切ってチャレンジしてみましょう。

清々しい気持ちで楽しめるはずですよ。

2.将来の目標を明確に持つ

いま目の前にある生活を楽しむことも大切ですが

将来の目標を明確に持つことも

人生を楽しむためには必要です。

先にある目標があるからこそ

方向性を見失わずに毎日の生活を送れます。

目標というモチベーションが

毎日の生活に意味を持たせ

エキサイティングなものにもしてくれるでしょう。

3.嫌なことはやらない

最後は嫌なことをやらないことです。

人間には得手・不得手があります。

嫌なことや苦手なことがあっても

無理に行う必要はありません。

その分を得意なことに回せば良いだけの話しです。

嫌な場所から遠ざかってみることで

気持ちがグンと楽になり

人生や生活は楽しいものへ変化していくことでしょう。

スポンサーリンク
スポンサー広告




スポンサー広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサー広告