変化を受け入れよう!今よりももっと成長するための名言を紹介します

スポンサー広告



あなたは変化を受け入れられるタイプですか?

それとも変化を素直に受け入れられないタイプでしょうか?

人間が生活をしていると、さまざまな状況の変化が訪れます。

あなたに訪れた変化を前向きに受け入れることで

今よりももっと成長できるようになるでしょう。

今回は変化を受け入れる

そして成長するための名言を紹介します。

変化を受け入れよう!今よりももっと成長するための名言

それではさっそくチェックしていきましょう。

あなたの成長を促す一言を見つけてくださいね。

加点主義で評価をすれば、少しの変化でも褒められるようになる。

‐久野康成‐(コンサルタント)

最も強い者が生き残るのではなく

最も賢い者が生き延びるでもない。

唯一生き残るのは、変化できる者である。

‐チャールズ・ダーウィン‐

求められているのは、「競争」よりも「変化」である。

同じ土俵で競うのではなく

次々に変化し土俵を変えていくことが評価されるのである。

‐鈴木敏文‐

絶えず変化を求める気持ちと不満こそが

進歩するために最初に必要となるものである。

‐トーマス・エジソン‐

あなたがこの世で見たいと願う変化に、あなた自身がなりなさい。

‐ガンジー‐

形あるものは変化していきます。

そういうものに執着していると苦しくなります。

‐相川圭子‐(ヨガ指導者)

変化に心地よい場所はあった方がいい。

たまに、心地悪い場所へ行くといい。

そんな環境の変化は、時に成長を促進する。

‐永里優季‐

変化を見る目とそれに適応できる能力が必然的に求められる。

常に進化を求め、貪欲に欲求、欲望を持ち続ける。

限定しないこと。

‐野村克也‐

同じままでいるよりも人生は変化があった方が面白い。

‐大阪なおみ‐

変化への第一段階は受け入れることだ。

いったん自分自身を受け入れたら

あなたは変化への扉を開けたのだ。

あなたのすべきことはそれだけである。

変化はあなたのすることではなく

あなたが任せることだ。

‐ウィル・ガルシア‐

私が見てきた人生の最高の成功者たちは

みな常に朗らかで希望に満ちた人々であり

仕事は笑顔で行い

人生に起こるさまざまの変化や機会を

楽しかろうと辛かろうと

男らしく堂々と迎える人々であった。

‐チャールズ・キングズリ‐(牧師)

たとえ平凡な能力の人間でも

気が散るような娯楽や職をきっぱりとやめて

それまで学んできた計画に集中して実行するならば

目覚ましい変化を遂げて

人類の中で際立つ成功をおさめることができるだろう。

‐ベンジャミン・フランクリン‐

毎日、子供の目をしっかりと見て

「いってらっしゃい」

「おかえり」

と言っていますか。

子供の心の温度を常に感じていたなら

小さな変化にもすぐ気づくはず。

‐さだまさし‐

もっと心の変化に敏感になって。

迷いの答えも、実はあなたの心は知っています。

‐江原啓之‐

このコップに、水が半分入っている。

半分も入っていると思う人がいる。

半分しか入っていないと思う人もいる。

現象は同じなのに

「もある」と思うか

「しかない」と思うかは、その人の見方次第。

幸せの感じ方も変わってくる。

‐ケント・ギルバード‐

変化を恐れる人が抱える理由

世の中には変化を前向きに捉えられる人と

恐れてしまう人がいます。

変化を恐れる人は、どのような理由で怖いのでしょうか。

理由の一つがホメオスタシスです。

ホメオスタシスを日本語に訳すと

恒常性維持のこと。

つまり同じ状態をずっと保つという意味ですね。

人間の体には本能的にホメオスタシスが備わっています。

変化による破壊から体や精神と守るためです。

変化を恐れる人はホメオスタシスが強く働いてしまうため

変わることに対して自然と抵抗を感じてしまうのですね。

変化を素直に受け入れるためにできること

ホメオスタシスの影響で

変化を素直に受け入れらない人は

どうすれば良いのでしょうか。

最後に変化を素直に受け入れるために

できることを紹介します。

1.変化を制御できるかどうかを考える

変化と一口にいっても、内容はさまざまです。

日々の小さな変化から

世界情勢に関わる大きな変化までいろいろあることでしょう。

目の前にある変化が

あなた自身で制御できるのかどうかを考えてみてください。

そもそも制御できない変化であれば

あれこれと頭を悩ますのは時間ムダです。

2.リラックスできる時間を積極的に作る

ネガティブな変化は大きなストレスを与えます。

変化を受け入れるためには

リラックスできる時間を積極的に作るようにしましょう。

大好きな映画を見る

美味しいものを食べる

カフェでまったりするなど

あなたが心からホッとできる時間を作ってみてください。

3.とにかく目の前のことに一生懸命取り組む

過去や未来のことを必要以上に気にしても仕方ありません。

まずはいま目の前にあることに対して

一生懸命取り組むようにしましょう。

がむしゃらに取り組んでいく中で自然と変化を受け入れられ

冷静に状況も判断できるようになりますよ。

スポンサーリンク
スポンサー広告




スポンサー広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサー広告