名言・いい言葉は人生を変える・ものさしのお話

スポンサー広告



『ものさしのお話』

ある所に、一人の若い女の人がいました。

女の人は弱虫で臆病者でしたが、とても素晴らしい

『ものさし』を持っていました。

そのものさしは計るものによって目盛の幅が

ころころ変わる不思議なものさしで

どんなものでも好きなように計れるのでした。

だから本当には何ひとつ正確に計ることはできなかったのです。

しかし、奇妙なことに、女の人は

目盛の幅が計るものによって変わっているなんて

まったく気付いていなかったのです。

そのため、女の人はそのものさしを絶対に間違いない

この世で一番正しいものさしと信じ込み

何よりも大切にしていました。

女の人は毎日得意になって、自分の目の前に現れるすべてのものを

このものさしで計りました。

食べ物、着るもの、家、木や草や花、お日様、雲、風の音・・・・

でも、このものさしが一番役にたったのは人を測る時でした。

顔の表情、手足の長さ、髪の型から眼の光、声の工程に至るまで

そんなところでも実に細かく計ることができました。

そしてその結果で、この人は、自分にとって都合のよい人か

よくない人かを決めることもできました。

その上、人と人とを比較して、良い人と悪い人、綺麗な人と醜い人

賢い人と愚かな人、強い人と弱い人等

ずいぶんいろいろな分け方もできたのです。

この便利なものさしは、女の人に大きな自信を持たせてくれました。

だって、このものさしをもっている限り

たとえどのような難しい問題や困難な出来事にぶつかっても

上手く解決できると信じることができたからです。

そのために女の人は、だんだん自分が弱虫で臆病者だったことを

忘れてゆきました。

そしていつの間にか、自分はとても強くて賢い人間

この世で一番偉い人間だとまで思い込んでしまったのです。

さて、女の人はやがて優しい男の人とめぐり会い結婚しました。

そして二人の可愛らしい子供が生まれたのです。

子供は、上が男の子で、下が女の子でした。

女の人はとても喜んで、それは大切に育てました。

「こんなに強くて賢い母親から生まれた子供達ですもの

どんなにか立派な人になるだろう」

そう思うと、女はワクワクするのでした。

ところが何年かが過ぎ去り、子供達が大きくなるにしたがって

大変困ったことがおこりました。

男の子は元気はよいけれどすごくいたずらっ子で

一日中、村の中を走り回っていたずらばかりして歩くのでした。

おまけに学校へ行っても勉強なんか少しもしないし遊んでばかり

女の人の言うことなんて聞こうともしません。

そして女の子といえば、生まれつき身体が弱くて

とうとう二度と歩くことも

しゃべることも出来ないだろうと言われるほど

ひどい病気になってしまったのです。

女の人はあわてました。

こんなはずではなかったと、子供達を計ってみるのですが

何度計り直してもものさしの目盛は

そうしようもない悪い子、弱い子、愚かな子だと

答えるばかりです。

女の人は泣きました。

人として生きる価値もないような子供達を持った自分が

あまりにもみじめで毎日泣いて暮らしました。

そして、とうとう生きてゆく自信も希望もなくしてしまったのです。

そころが、そんなある日のことです。

いつものように一日中、外を駆け回って元気な遊んで帰った男の子が

小さな妹を抱きしめて優しく頬ずりしながら

「ただいま、ユキちゃん」と言うと

無邪気に笑う妹をしげしげと見つめながら女の子にこう言いました。

「お母さん、ユキちゃんは綺麗だね。顔も、手も、足も、お腹だって

全部綺麗だよ。ユキちゃんはお家の宝物だもんね。」

男の子の言葉は、まるで電流のように女の人の身体へ流れ込みました。

「本当にそうだねぇ・・・」そう答えながら、女の人は身がちぢむほどの

恥しい思いに襲われて、思わす二人を強く抱きしめました。

その時、女の人にははっきりとわかったのです。

自分が今日まで大切にしていたものさしが

実は、自分勝手な思いだけで作られた間違いだらけの

「ものさし」であったことが

そして、そのもそさしだけを正しいと信じていた自分は

この世で最も傲慢で愚かな人間だったのです。

二つの尊い宝物を両腕にしっかりと抱きかかえた女の人は

夕日がキラキラと輝く窓辺に近寄りました。

こんなにも静かで優しい景色を、今まで見たことがないと

女の人は思うのでした。

風がカーテンを揺らしながら、涙で濡れた頬をおなでソッとなで過ぎた時

どこからともなく透き通った風のささやきが聞こえてきました。

「私は私、あなたはあなた、ホラ、こんなに素敵に生きている。

嬉しいね。・・・・・・」

スポンサーリンク
スポンサー広告




スポンサー広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサー広告