【大切な人との死別】悲しみを乗り越えられる名言集を紹介します

スポンサー広告



【大切な人との死別】悲しみを乗り越えられる名言集

生きているものには

いつか必ず死が訪れます。

もちろん人間にもです。

でも頭の中では理解できていても

あなたの大切な人と死別をすると

悲しくて仕方がありませんよね。

食欲がなくなったり

夜眠れなくなったり

仕事にも手がつかなくなるかもしれません。

今回は大切な人との死別

悲しみを乗り越えられる名言集を紹介します。

【大切な人との死別】悲しみを乗り越えられる名言集

それではさっそく見ていきましょう。

他の人たちはどのようにして

悲しみを乗り越えてきたのでしょうか。

息子の笑顔を守るために

自分が笑顔でいなければと気付いた。

辛くて時に立ち止まっても

目の前に現実があり、今という時は流れていく。

前を向くことも

頑張ることも

笑顔になることも

時には簡単じゃない。

でも、僕たち3人にとって恥ずかしくない

今を生きていきたいと思います。

‐清水健‐(アナウンサー)

どんなトラブルが起きても微動だにしない。

そんなレベルに達するまで人生の修行は続きます。

弱音を吐かず覚悟を決めて。

‐美輪明宏‐

明日死ぬかのように生きよ。

永遠に生きるかのように学べ。

‐マハトマ・ガンジー‐

愛するものは、死んだのですから

たしかにそれは、死んだのですから

もはやどうにも、ならぬのですから

そのもののために、そのもののために

奉仕の気持ちに、ならなきゃあならない。

奉仕の気持ちに、ならなきゃあならない。

‐中原中也‐(詩人)

過ぎてかえらぬ不幸を悔やむのは

さらに不幸を招く近道だ。

‐シェイクスピア‐

人生とはその時々に自然に変化し

移りゆくものです。

変化に抵抗してはなりません。

それは悲しみを招くだけです。

現実を現実として、あるがままに受け入れなさい。

ものごとをそれが進みたいように

自然に前に流れさせてやりなさい。

‐老子‐

夢みるのよ、生きてんじゃんって夢を見てる。

これ起きた時のショック。

遊んでんだよね。

目覚めた時わけわかんないよね。

起きた時が夢。

あ、そうだそうだ死んでんだって。

‐中居正広‐

人は誰でも孤独である。

自己の運命を思う時、孤独である。

苦悩に出会う時、病む時、死を思う時、すべて孤独である。

‐住岡夜晃‐(宗教者)

自分もいつかは死ぬ。

それを思い出すことは

失うものなど何もないということを

気づかせてくれる最善の方法。

‐スティーブ・ジョブズ‐

産んでくれたとっからもう一生分感謝してる、ありがとうな。

どっかで見てたら産んで良かったって思ってくれ。

父ちゃんもあんま一緒に暮らせなかったけど

いつもオレを好きでいてくれてありがとうな。

愛だわ。

‐武井壮‐

僕が死を考えるのは

死ぬためじゃない。

生きるためなんだ。

-アンドレ・マルロー-(作家・政治家)

死者に対する最高の手向けは

悲しみではなく感謝だ。

-レーントン・ワイルダー-

死別を乗り越えるには4つのステップがある

喪の作業という言葉を聞いたことがありますか?

精神科医のジョン・ボウルビィがまとめたもので

他人の死を乗り越えるには

4つのステップが必要だというものです。

どのような内容なのかをチェックしていきましょう。

無感覚・情緒危機のステップ

死別から1週間続くステップです。

死別という大きな衝撃にショックを受け

死を受け入れることができません。

思慕と探求・怒りと否認のステップ

死を現実のものを受け入れ始めるものの

大切な人を失ったことを認めることができません。

「なんで、どうして!」と

死に対して怒りの気持ちも生じてきます。

断念・絶望のステップ

3つ目は断念・絶望のステップです。

死別を完全に受け入れます

絶望や失意、あきらめなどの感情が生まれてきます。

離脱・再建のステップ

最後は離脱・再建のステップです。

死別した相手との思い出を前向きなものへと捉えられ

これから気持ちを新たにして

生活をしてくことができる段階です。

大切な人との死別を乗り越えるためにできること

最後に家族や恋人、友人など

あなたの大切な人との死別を

乗り越えるためにできることを見ていきましょう。

死の悲しみをとことん感じる

まずは大切な人の死から生じる悲しみを

とことん感じることです。

よく悲しい気持ちを抑えて無理に

明るくふるまう人がいますが

良いことではありません。

しっかり悲しい気持ちを体感することで

悲しみを乗り越え

新しい気持ちで再出発できるようになるのです。

悲しみを共有できるような人がいると

なお良いですね。

後悔しないようにする

大切な人が亡くなると

「あのとき、もっと優しくしていれば良かった」

「もっと気づかってあげれば良かった」

など、何かしらの後悔を感じる人は少なくありません。

でも後悔することは止めましょう。

どのような人でも

少なからず後悔するものですが

後悔したところで何も始まりません。

状況に応じてカウンセリングを受ける

前述したように死別から生じる悲しみは

一定のプロセスを踏んで克服されていきます。

しかし中には死別した状況が複雑で

悲しみを克服できないケースもあります。

カウンセリングなどの専門的な介入が必要となるケースもあるので

状況に応じて対応するようにしましょう。

スポンサーリンク
スポンサー広告




スポンサー広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサー広告