命の大切さ・心に響く動画

スポンサー広告



『命の大切さ』

感動動画1【命の大切さ】

私には6歳のと2歳のかわいい息子がいる。

でも

本当は、下の子の前に一人

息子がいるはずだった。

上の子が2歳6ヶ月の時

喜んだのもつかの間。

妊娠5ヶ月の時

お腹の赤ちゃんに

心臓・肺・腎臓に疾患が見つかり

おしっこがお腹の中で

溜り始めているので

生まれてもすぐなくなるか

無事生まれても海外で移植するしか

ないと思いますが・・・・。

「残念ですけど・・・・

今回はあきらめた方が

良いと思います。」

と、言われ

哀しさと、どうしてこんな事にと

毎日泣いてばかりいました。

どうしてもあきらめきれず

いろんな病院に行って

調べてもらっても

皆同じ意見で・・・・

挙句の果てには、医者から

「早くしないと6ヶ月過ぎてしまいますよ。」

「そうしたら堕胎できなくなるので

早く決断してください。」

と言われ

心も身体も傷つき

お腹の赤ちゃんは動き始めて来て

どうしていいか分からなくなり

泣いてばかりいた

ある日

2歳6ヶ月過ぎた息子が

「ママ~、ポンポンの中野

ちゃーちゃんが

ママ泣かないでって笑って

って言ってるよ」というのです。

私が息子に、聞こえるの?

それとも見えるの?と聞くと

「見えるよ~」と。

「ちんちんついてるから

僕と同じ!ママにまた会おうね~!

って笑ってるよ」とニコニコの

息子を見ると

信じるとか信じないとかじゃなくて

本当に泣きたいのはお腹の子なのに

自分はなにやってるんだろう・・・

上の子の為にも、手術をしょう!!

手術は陣痛を起こして・・・・

自分分娩でその子の最後を

ちゃんと見取ってあげようと・・・・

親として・・・

それしかしてあげられないな~

と、そのようにしてもらいました。

この事で

本当に色々な人生観や考え方

生きることや命の大切さを

この子に教わりました。

今いじめや自殺で

相次いで

自分で死を選んでしまう

子が多いけど

どうか考えて欲しいのです。

みなさんは、お母さんが大切に

10ヶ月お腹の中で守り

とてつもない痛みと苦しみに耐えて

生まれてきたという事を・・・・

「命の大切さ」

スポンサーリンク
スポンサー広告




スポンサー広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサー広告