【赤ちゃんを産む時!】

スポンサー広告



赤ちゃんを産む時、陣痛というものがある。

陣痛は、初産で約24時間。

2人目以降で約12時間続くものらしい。

妊婦さんの中には

この陣痛がとても苦しいので

「産む側は大変、赤ちゃんは生まれてくる側でいいなぁ」

と言う方もいるらしい。

しかし、助産婦さんは

これは大きな勘違いだと言う。

赤ちゃんの方が

妊婦さんの何倍も苦しいものだと。

実は、子宮は筋肉であり

これが収縮したり緩んだりするが

陣痛の正体らしい。

陣痛が始まり、子宮が収縮すると

赤ちゃんは首のところを思い切り締め付けられ

へその緒からの酸素が途絶え

息ができなくなるそうです。

子宮の収縮は約1分間。

その間思い切り首を絞められ、息ができない。

1分たてばまた子宮はゆるむが

また陣痛が来れば1分、息ができなくなる。

しかも陣痛の間隔はだんだん狭くなる

この陣痛にたえられなければ

赤ちゃんは死ぬ。まさに命懸け。

だからこそ、赤ちゃんは慎重なのだという。

実は、陣痛がおこるためには

陣痛をおこすホルモンが必要らしいのだが

このホルモンを出しているのは

お母さんではなく、なんと赤ちゃん自身。

赤ちゃんはとても賢く、自分自身で自分が

今陣痛に耐えられる体かを判断する。

そして、一番いいタイミングで

自分の生まれてくる日を選ぶ。

(そう考えると、自分の誕生日も

自分が選んだ日なんだと思えた)

また、急に激しい陣痛を起こせば命が危ないので

最初は陣痛を起こすホルモンを少ししか出さず

様子を見てホルモンの量を調整するらしい。

赤ちゃんの中には、予定日を過ぎても

なかなか生まれてこない赤ちゃんもいる。

そういう赤ちゃんを

「うちの子はノンビリしている」

なんていうお母さんもいるけど

そのとき赤ちゃんは必死なんだという。

生まれてこないのは、赤ちゃんが

「今の体では、陣痛に耐えられず死んでしまう」

とは判断しているからだそうだ。

赤ちゃんはみんな、自分で判断して

自分の意志で生まれてくる。

「生まれたくて生まれたんじゃない」

なんていう人はいない。

すべての赤ちゃんは

その日を自ら選んで生まれてくる。

生きるか死ぬかの狭間の中

あの小さい体で必死に生きようと頑張っている。

子供を授かることもそうですが

出産は母親にとっても赤ちゃんにとっても

すべてが奇跡の連続なんだと。

あなたの誕生日も

あなたが命を懸け、選んだ日なのです。

そう考えると、自分の誕生日が

本当に特別な日なのだと

改めて実感できるのではないでしょうか。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

赤ちゃんの意志で、生まれてくるんですね。

全く知りませんでした。

とても、驚きです。

赤ちゃんが、自ら選んで生れてくるなんて驚きです。

誕生日は、命をかけて選んだ特別な日なんですね。

母親が生むのではなく、母と子の共同作業なんですね。

このことを多くの人が知ることができたら

きっと

「命は自分が選んだ尊いもの」であり

粗末にしてはいけないと

感じてくれるのではないでしょうか?

スポンサーリンク
スポンサー広告




スポンサー広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサー広告