自分を見つめ直す5つの言葉

スポンサー広告



【自分を見つめ直す5つの言葉】

1.

今、つらい人はその事で頭がいっぱいになるが

つらさや家並みはいつか必ず終わる。

終ることがわかっていれば

今のつらさも軽くなる。

過ぎ去ってしまえば大したことなかったことも多い。

未来を信じること。

過去をの経験を思い出して

過去と未来を味方につけて

今を生きる人こそが

豊かな人生を送れる。

2.

自分のことを信じて、本当に怒ってくれる人を

大切にした方がいい。

怒られるのは嬉しいことではないけれど

怒ってくれるってことはそれだけで

自分のことを見てくれてるってこと。

何でも許してくれる人っていうのは

優しそうに見えてあなたに無関心なだけ。

怒ってもらえる喜びを感じよう。

3.

好きになるのも自分。

嫌いになるのも自分。

頑張れるのも自分。

頑張らないのも自分。

行動を起こすかどうかを決めるのは自分だけ。

そこに他人の意志はない。

続けたいと思うなら最後までやり抜けばいい。

辞めたくなったらやめればいい。

ただし後悔するのも自分自身。

4.

悪口や陰口言ってる人のことを素敵だと

思ってくれる人なんていない。

でも大好きなことの話を笑顔でしてる

君の事はきっとみんな好きになってくれる。

人の悪いところ見つける能力より

人の素敵なところ引き出してあげられるような

自分になった方が人生素晴らしい。

5.

100人中100人に好かれようなんて

思わない方がいい。

10人が自分を大嫌いで

80人はどうでもいいと思っていても

自分を好きでたまらないという人が

10人いてくれたら

人生は相当楽しくて特別なものになるよ。

スポンサーリンク
スポンサー広告




スポンサー広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサー広告