自分に自信をつける簡単な方法7選

スポンサー広告



自分に自信をつける簡単な方法7選|しあわせ心理学

自分に自信をつける簡単な方法7選

自分に自信がないか?

・言いたいことが言えない。

・周りに合わせて、自分を抑えてしまう。

・ズルイ人に利用されやすい。

・一歩踏みだす勇気が出てこない。

自分に自信があるか?

・チャレンジ精神が旺盛で行動力がある。

・コミュニケーションや恋愛も積極的。

・周囲の目を気にせず、自分のやりたいことができる。

で人生は、大きく変わります。

アメリカと日本の高校生に

「あなたは自分を優秀と思いますか?」の問いに

日本では、83.2%の人が優秀ではない。

アメリカでは、10.8%の人が優秀ではない。

能力は同じなのに。

私たち日本人には

自分を信じられる力。自信です。

自信をつける簡単な方法

1.寝る前に自分を3つほめる

・自分で自分を褒める

(寝る前に自分を褒める)・・寝る前は暗示にかかりやすい

例 今日よく頑張ったぞ!

私は早朝から弁当作った。エライ!

些細なことでOKです。

2.パワーポーズ

堂々とした姿勢をしたり。

仁王立ちしたり。

のけぞった姿勢で、笑みを浮かべたり。

これらを2分間続ける!

男性ホルモンが分泌し

自信が湧いてくる。

力がみなぎってくる。

効果は30分ぐらいです。

緊張しそうなとき

本番前の、パワーポーズをとる。

3.緊張で自信を磨く

緊張を乗り越えることで・・自信が付く。

緊張をさけることで・・・・自信を失う。

例 食堂のおばちゃんに「ごちそうさま」と言ってみる。

「今日のおすすめは何ですか?」と話を膨らます。

「また来ますね。」とか。

旅の恥はかき捨て

旅行中にどれだけ恥をかいても

二度と会うこともありません。

自ら積極的に、顔を赤くしに行く。

4.きれいな部屋で暮らす

だらしない部屋で暮らしていると

自分はダメな人間なんだという自己イメージを持ちます。

自信を失います。

きれいな部屋で暮らしていると自己イメージが上がり

自信が深まります。

5.ゲシュタルトの祈り

(精神科医パールズの詩)

私は私のことをする。

あなたはあなたのことをする。

私は、あなたの期待に応えるために生きているわけではない。

そしてあなたも、私の期待に応えるために

いきているわけではない。

私は私、あなたはあなた。

もしも偶然、私たちの心が触れ合うならば

それは素敵なことだ。

もし触れ合えないとしても、それは仕方がない。

これを声を出して読んでみてください。

特に、「私は、私、あなたはあなた」

アドラー心理学では、課題の分離といい

「私は、私、あなたはあなた」の考え方が

身についてくると

素直に感情を出せるようになり

人の目が気にならなくなり

自分らしく生きられるようになってきます。

自信のない人は

必要以上に人から嫌われるのを恐れ

相手に合わせてしまうこと。

嫌われる恐怖が無くなります。

6.SNS断捨離

SNSをよく見ると、自信を失います。

というのは、ネガティブな情報過多になり

人の心は、不安や緊張敏感になります。

ポジティブな情報過多もダメ。

例えば

友達がハワイに行った。

ブランド品を買った。

彼氏ができた。

みんなの幸せそうな光景を沢山見ます。

自分がみじめに感じ、何となく負け組になった

気分になってしまいます。

人との比較がクセになる。

人との比較が自信を失う大きな原因です。

SNSを控えましょう。

7.言霊を活用する

言葉の繰り返しです。

強気、強気、強気。

勇気、勇気、勇気。

力強い言葉を繰り返す。

何度でも言う。

毎日言う。

何回でも言う。

心にエネルギーが貯まります。

自信も湧いてきます。

人の身体は、栄養で作られますが

人の心は、言葉、言葉で作られます。

力強い言葉を繰り返しましょう。

まとめ

自信は、人生の土台です。

自信がつくと一歩を踏め出す勇気出てきます。

顔つきや、声のトーンも変わります。

行動力が上がり、仕事、恋愛、人間関係も

順調になり

周りの人に振り回されることもなくなり

ストレスの少ない、気楽な人生を過ごせます。

スポンサーリンク
スポンサー広告




スポンサー広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサー広告