無我夢中に取り組む!目標達成に向けて頑張りたい人のための名言集

スポンサー広告



自分の夢や希望を叶えるためには

時に無我夢中になって取り組むことも必要です。

しかし好きなことであれば苦になりませんが

好きなことでないと苦しみを伴うかもしれません。

今回は目標達成に向けて

無我夢中に頑張りたい人のための名言集を紹介します。

無我夢中に取り組む!

目標達成に向けて頑張りたい人のための名言

それではさっそく見ていきましょう。

無我夢中に取り組む姿勢を後押ししてくれるような

一言を見つけてくださいね。

私はいつも自分に4つのことを言い聞かせています。

・耐えること

・やり遂げようとする気迫を失わないこと

・失敗は忘れ、常に次の手を考えること

・素早い気分転換

‐青木功‐

もっとこうなりたいというハングリー精神があってこそ

人は何かにチャレンジしようと思うものであり

そこから新しい力を発揮するような遺伝子がオンになるのです。

‐村上和雄‐

成功の鍵は的を見失わないこと。

自分が最も力を発揮できる範囲を見極め

そこに時間とエネルギーを集中すること。

‐ビル・ゲイツ‐

努力した者が成功するとは限らないが、成功した者は必ず努力している。

‐ベートヴェン‐

山が大きければ大きいほど、自分に小ささを感じてしまうが

同時にそれに合わせて大きくなろうとする自分もいる。

‐栗城史多‐

真の達成感や充実感は、多大なコストとリスクと危機感を伴った作業の中にあり、

常に失意と絶望が隣り合わせに存在している。

‐村上龍‐

自分の弱さ、弱点を見つける感度は鈍らせたくない。

弱点が見つかれば、また成長出来る。

逆にそれを見つけられなければ

このまま止まってしまう。そんな危機感がある。

‐長友佑都‐

人間は経験を積むために生まれてきたんや。

だから、どんな辛いことであっても、それが自分の経験になると思ったら

貪欲にやってみるのです。

‐西堀栄三郎‐

賞誉されて忠孝に励む人は珍しくない。

責罰されてもなお忠孝を尽す人物こそ真の忠臣孝子である。

武士たるものが覚悟すべきこと、実にこの一点にある。

‐吉田松陰‐

努力は自分を裏切らない。

夢を裏切ることはあるけどな。

努力しても夢が叶うとは限らない。

むしろ叶わないことの方が多いだろ。

でも、頑張った事実がありゃ、慰めにもなる。

‐比企谷八幡‐

人間は調子のいいときは、自分のことしか考えないものだ。

自分に不運がまわってきて、人にも世間にも捨てられ

その日その日の苦労をするようになると、はじめて他人のことも考え

見るもの聞くものが身にしみるようになる。

‐山本周五郎‐

追い込むのは自分でも本当は怖いんですけど

そういうところまでたどり着かないと

人間の潜在能力というのは引き出せないんです。

‐清水宏保‐

「どうしても勝ちたい」。

そんなハングリー精神を持った人に

優秀でストイックに真面目に仕事をしてきた人が負けてしまう。

仕事に限らず人生には

勝負どころをものにする、運、勝負勘、センスも必要。

‐藤田晋‐

私は意志が弱い。

その弱さを克服するには自分を引き下がれない状況に追い込むこと

‐植村直己‐

スティーブ・ジョブズ氏が、若い人に

「ハングリーであれ、愚かであれ」と講演していましたが

その通りだと思います。

僕自身も非常にハングリーだったし

周りから「馬鹿」「あいつ何やってんだ?」と言われましたけど

それを恐れちゃダメ。

‐三浦雄一郎‐

いかにすれば勝つかということを考えてゆく。

その一点だけを考えるのが俺の人生だ。

それ以外のことは余事であり余事というものを考えたりやったりすれば、

思慮がそのぶんだけ曇り、乱れる。

‐秋山好古‐

努力は裏切らないって軽々しくいいますけど、補足してあげる必要があるんです。

正しい場所で、正しい方向で、十分な量なされた努力は裏切らない。

‐林修‐

無我夢中に頑張るためのポイント

物事を達成するために単に頑張ろうとしても

途中で息切れしてしまいます。

無我夢中に頑張るためには

以下のようなポイントを押さえておきましょう。

小さな目標をたくさん作る

まずは小さな目標をたくさん作ることです。

最終目標に向けて

小さな目標をたくさん作ってみましょう。

小さな目標でも成功体験を数多くすることで

モチベーションが保た

無我夢中に頑張れるようになるはずです。

最低限やるべきタスクを設定する

最低限やるべきタスクの設定も効果的です。

ただがむしゃらに努力をしていても

気分の浮き沈みによって

頑張れない日も出てくることでしょう。

一度怠けてしまうと

そこからズルズルと

怠け癖が付いてしまう可能性も考えられることです。

最低限やるべきタスクを設定しておくことで

怠け癖が付くのを防ぎ

無我夢中で頑張れるようになります。

目標を達成した時をイメージする

最後は目標を達成した時をイメージすることです。

目標達成によって

どのようなメリットが生まれるのかを

イメージすることで

無我夢中で頑張れるモチベーションにつながります。

スポンサーリンク
スポンサー広告




スポンサー広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサー広告