【心と身体】しんどいと感じている人に読んでもらいたい名言集!

スポンサー広告



「心が折れそう」

「身体が悲鳴をあげている」など

心と身体がしんどいと感じている人はいませんか?

長い人生の中ですべてのことが上手くいくわけではありません。

時には大きな挫折を味わうようなこともあるでしょう。

今回は心と身体がしんどいと

感じている人に読んでもらいたい名言集を紹介します。

【心と身体】しんどいと感じている人に読んでもらいたい名言

それではさっそく見ていきましょう。

あなたのしんどい気持ちを解消してくれるような

一言を見つけてくださいね。

100回叩くと壊れる壁があったとする。

でもみんな何回叩けば壊れるかわからないから

99回まで来ていても途中で諦めてしまう。

松岡修造

 

大事なのは何事にも貪欲であり、やり遂げる決意を持つこと。

否定されることを恐れて

他人の意見に流されてしまった人もたくさん知っているわ。

マドンナ

 

それは失敗じゃなくて

その方法ではうまくいかないことがわかったんだから成功なんだよ。

エジソン

 

叱られてしょんぼりすることもあるよ。

思わぬところでつまづくこともある。

そんなはずじゃなかったのに。

でも挽回すればいいんだよ。

辻仁成

 

もし誰かに『お前は負け組だ』と言われたとしても

『ああ、いま俺は負けているのか』くらいの

軽い気持ちで考えていればいいんじゃないでしょうか。

万が一にも、落ち込む必要なんてまったくありません。

蛭子能収

 

強い思い・情熱とは、寝ても覚めても24時間そのことを考えている状態。

稲盛和夫

 

成功者とは、失敗から多くのことを学びとって、

新たに工夫した方法で再び問題に取り組む人間のことである。

デール・カーネギー

 

辛くなったとき休めばいいし、時には歩いてもいい。

自分のペースは周りとは違う。

それは皆そう。

誰かを抜かすとかよりもまずは自分が進むこと。

村上信五

 

世界中の子供達に夢を持つきっかけを与えたい。

夢を持つと人は強く大きくなれる。

それが世界を変えるきっかけになると思う。

本田圭佑

 

生きていれば、落ち込むこともあります。

状況を好転できると思ったら、ぜひ努力すべきです。

でも、変えられないなら

それを受け入れて歩み続けるしかありません。

何があっても「生きていることを楽しもう」という気持ちを忘れないで。

ターシャ・テューダー‐(アメリカの絵本画家・園芸家)

 

スランプの種は、主に心の中にある。心は見えないからこそ

書くという見える化する作業が役立つ。

船木和喜

 

俺は何度も何度も失敗した。

打ちのめされた。

それが、俺の成功した理由さ。

マイケル・ジョーダン

 

自分の人生、色を塗るのは、自分だけですからね。

自分に惚れる。

自分を信じる。

辰吉丈一郎

 

自分の全てを受け入れるのだ。

何もかもを。

自分は自分。

そこに始まり、そこに終わる。

自分を責めたり悔いたりする必要など、どこにあるのだ。

ヘンリー・キッシンジャー

 

過ぎ去ったものは、もはや再び帰らない。

賢者は現在と未来について考えるだけで手一杯であるから、

過ぎ去った事柄をくよくよ考えている暇がない。

フランシス・ベーコン

 

スランプを克服するコツは、どん底まで落ちないように予防すること。

ちょっと調子が出ないだけで、過剰反応しないこと。

平井伯昌‐(水泳指導者)

心と身体がしんどい!見逃したくない悲鳴のサイン

毎日やるべきことがたくさんあると

心と身体の疲れになかなか気づけません。

しかししんどくなっている心と身体は

のサインを出しています。

見逃したくない悲鳴のサインを見ていきましょう。

疲れているはずなのに夜眠れない

まずは身体が疲れているはずなのに

夜眠れないことです。

通常なら疲れが原因となって睡眠欲が上昇し

ぐっすりと眠れるようになります。

しかし心と身体の両面が悲鳴をあげるほど疲れていると

寝付きが悪くなったり、中途覚醒したりします。

慢性的な頭痛や肩こりがある

2つ目は

慢性的な頭痛や肩こりがあることです。

一時的な疲労から

頭痛や

肩こりが

起こるのは通常の範囲ですが

慢性的なものは身体が悲鳴をあげている証拠です。

やる気と意欲の低下

やる気と意欲の低下も

心と身体の疲れが原因かもしれません。

特筆すべきものは

これまで好きだったものや

興味があったものに対しての

やる気・意欲が低下した場合です。

心と身体のしんどさを回復させるためにできること

心と身体のしんどさを回復させるために

できることはいくつかあります。

まずはゆっくりと休む時間を作りましょう。

ストレスとなるものから一旦離れて

一人でゆっくりと休んでください。

美味しいものをたくさん食べて

可能な限り睡眠を取ります。

身体を動かせるなら適度に運動をすることで

身体が疲れ

心地よい睡眠を誘導してくれるでしょう。

気分転換にもつながります。

気持ちに余裕が生まれてきたら

好きなものや興味を感じるものにチャレンジしてみましょう。

好きなお笑い番組を見てお腹からたくさん笑う

友達と会って世間話をする。

旅行に行く

映画を見に行くなど

それぞれ好きなことに時間を費やしてみるのがおすすめです。

スポンサーリンク
スポンサー広告




スポンサー広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサー広告