生と死(学校では教わらない授業)

スポンサー広告



生と死(学校では教わらない授業)

生の大切さを伝えるとき
私はよく自分の子供に
こんな話をしました。

「パパはね○○ちゃんよりも先に死ぬよね」

当然、子供たちは「えっ?」と驚きます。

「でも、そうだよね
人間には寿命があるんだから」

そう言うと
少しわかったような表情になります。

「だから、パパが元気なうちに○○ちゃんが
1人でちゃんと生きていけるような
力を身につけてほしいんだよ。

そのために、今こうやって勉強してるんだよね」

こう言うのです。すると
「パパいなくなるの?」

子どもは不思議そうな顔でそう言います。

「そぐにはいなくならないよ
でも、いつか必ず○○ちゃんと
さようならしなくっちゃならないときがくる。

でも、心配しなくてもいいよ。

パパは今度生まれ変わっても
もう一度○○ちゃんと出会うからね」

そういうと,子どもはすごく喜びます。

ニコニコして抱きついてきます。

「死」という「生」の対極にある言葉を出して
いかにあなたを大切に思っているか。

いかに今を楽しく過ごすことが
大切かということを伝えるのです。

ただ「愛してるよ」
「仲良くやっていこうね」と言うよりも
何倍も深い伝わり方がするはずです。

また、ある人からこんな話を聞きました。

その人の家では最初の女の子が生まれて
それから4年後にまた女の子が生まれました。

妹が生まれてから上の子は
「何で妹ばかりが生まれるの?」と
荒れに荒れたそうです。

自分に愛情が向けられていないと
感じたのでしょう。

しかし、その人はこう言って
お姉ちゃんをなだめました。

「ねぇ、○○ちゃん

お母さんはいずれ死ぬけど
あなたのほうが4年間も長く一緒にいられるでしょう。

でも、妹のほうが4年分すくないよね。

だから、その分を今埋め合わせさせてね」

素晴らしい伝え方です。

上の子への愛を伝えながら
下の子への愛も伝える。

そのために
死という時間を使って説明したのです。

死を意識するということは
間違いなく生を意識するということです。

つまり、生きていることの意味とは
「死」という状態ではないもの。

すなわち生きているだけでありがたい
生きているだけで尊いというものなのです。

そう考えると、あなたの人生は
あなたが生きていることだけで
素晴らしいものなだということがわかるのです。

ですから、どんな状況であっても
自分を好きにならない人生はもったいない。

精一杯に生きること
それだけでいいような気がします。

~出典:学校では教わらない授業~

スポンサーリンク
スポンサー広告




スポンサー広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサー広告