スランプから脱出する人に読んでもらいたい偉人・有名人の名言集!

スポンサー広告



スランプとは

これまでスムーズに進んでいたことが

突然何かしらの理由でできなくなってしまった状態のこと。

仕事やプライベートなど、あらゆる場面で発生するものです。

スランプにはまると自信をなくしたり

先の見通しが付かなくなったりと

気持ちも滅入ってしまうでしょう。

今回はスランプにはまっている人に

読んでもらいたい名言集を紹介します。

スランプにはまっている人に読んでもらいたい偉人・偉人の名言

それではさっそく見ていきましょう。

偉人や有名人が残した言葉の中に

あなたのスランプを解決してくれるようなヒントを見つけてくださいね。

人生に無駄なんてことはない。

この時間を生かすも殺すも自分次第。

‐田中将大‐

何でもない現象の中に、素晴らしいチャンスが潜んでいます。

しかし、それは、強烈な目的意識を持った人の目にしか映らないものなのです。

‐稲森和夫‐

自分を励ますために心の太鼓を叩くという術を

長い間かけて少しは身につけてきたのでしょう。

心の太鼓はあくまでも自分で叩かなきゃ

他人は絶対に叩いてくれませんよ。

‐飯田亮‐

「どんな人だって成功できる」自分にそう何度も言い聞かせ続けていれば、

絶対に成功できるのです。

‐ジョン・レノン‐

今日の失敗ではなく

明日訪れるかもしれない成功について考えるのです。

‐ヘレン・ケラー‐

スランプの種は、主に心の中にある。

心は見えないからこそ、書くという見える化する作業が役立つ。

‐船木和喜‐

思考しなくなれば、進歩も止まる。

一流とは、より多くの疑問を抱き

失敗を糧に課題に向って真摯に努力し続けられる人間のことをいう

‐野村克也‐

人間は一度へこたれたら、それでもうおしまいだ。

ただ、へこたれるということは自分の心が決めることで

他人の決めるところではない。

‐奥田硯‐

貴人はたとえ不幸に見舞われようとも、行いはことのほか高潔である。

火はいくら下に向けても、炎は上に燃え上がる。

‐サキャ・パンディタ‐

辛くなったとき休めばいいし、時には歩いてもいい。

自分のペースは周りとは違う。

それは皆そう。

誰かを抜かすとかよりもまずは自分が進むこと。

‐村上信五‐

人間が変わる方法は3つしかない。

一つ目は時間配分を変えること。

二つ目は住む場所を変えること。

三つ目は付き合う人を変えること。

‐大前研一‐

変化は必要なんです。

ただ変えるタイミングと、どれだけ時間がかかるか

ということをしっかり見据えてから変えないとダメですね。

‐宮里藍‐

才能を最大限に発揮してくれて

他人に負けないものを自分が他人に見せられる

それがプロの集団じゃないのかなと。

‐落合博満‐

一個の人間の可能性というものは

本人が常識のレベルで考えているよりはるかに高いところにあるものです。

‐ジョセフ・マーフィー‐

本気の経験こそが人間としても魅力を磨き上げ

本当の意味の優しさを知る大人の女性に成長させてくれる。

‐杉本彩‐

妥協は沢山してきた。

自分に負けたこともいっぱいあります。

ただ、野球に関してはそれがない。

‐イチロー‐

今までのやり方を変えるのはしんどいことです。

変えさせる私だってしんどい。

でも、「嫌われていいんだ。だって正しいことなんだから」と思うと、強くなれます。

‐森岡毅‐

我々は自分の容姿や身ごなしや、

目的や行為や性格や友達その他についての何らかの考えを

他人の心の中に想像し

その考えのいかんによって様々な影響を受ける。

‐チャールズ・ホートン・クーリー‐

スランプは進化するチャンス。

順調なら試すこともなかった戦術や技術に

挑戦する機会を得られるわけですから。

‐二宮清純‐

私たちがスランプになる主な理由

私たちがスランプにはまる理由はいくつかあります。

まずは高い成果や結果を望み過ぎていること。

あまりにも高い成果や結果を望むと

自分自身にとって大きなプレッシャーとなります。

プレッシャーによって心にゆとりがなくなり

さらに物事が上手く進まずにスランプにはまってしまうことがあるでしょう。

また反対に物事が想像以上に上手く進み過ぎている場合にも

スランプにはまることがあります。

物事がスムーズに進んでいると

人間はその場から離れたり

変化をしたりすることに自然と抵抗します。

するとささいな変化にも対応できなくなってしまい

スランプを感じるようになるのです。

スランプから抜け出すためにできること

最後にスランプから抜け出すためにできることを見ていきましょう

1.自分の理想から離れてみる

まずは自分が思い描く理想から

一旦離れてみることです。

理想と現実の乖離があまりにも大きいと

人間がスランプにはまりがち。

一旦理想とするものから離れてみて

現実レベルで可能なことから取り組んでみましょう。

2.何も考えずに自然の中で過ごしてみる

2つ目は何も考えずに

自然の中で過ごしてみることです。

特にさわがしい環境の中でスランプにはまっている場合

緑や水などを感じられる静かな場所でのんびりと過ごしてみましょう。

日々の騒然とした環境から離れて自然に触れ合うことで

脳は良い刺激を受けます。

スポンサーリンク
スポンサー広告




スポンサー広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサー広告