【後悔のない人生】自分らしく生きたい人に読んでほしい名言集

スポンサー広告



誰でも後悔のない人生を歩みたいと思うはず。

年齢を重ねた後で

「あの時、こうしておけば良かった」

「あの時決断していれば、いまの生活も変わっていたかもしれない」など

後悔するような人生は歩みたくありません。

今回は後悔のない人生

自分らしく生きたいと思っている人に読んでほしい名言集を紹介します。

【後悔のない人生】自分らしく生きたい人に読んでほしい名言

それではさっそく見ていきましょう。

後悔のない人生を歩むために必要なヒントが見つかるはずです。

夢に向けてチャレンジしているかぎり後悔はない。

‐福島正伸‐

もし、自分の愛する家族、恋人に自分の声で『愛している』という思いを伝えられたら

どんなにうれしいことかと思っている方はいっぱいいらっしゃる。

オシッコが出たというだけで涙が出る方もいらっしゃる。

それができるのだから、こんなに幸せなことはない。

周りを見ると、感謝することだらけです。

‐美輪明宏‐

率直に話す、素直に詫びる。

こうした態度を貫くことが、人間関係で成功するいちばんの近道。

‐斎藤茂太‐

迷うっていうのは、やりたいけど不安があるっていうことだと思うから、

その不安を解消するにはやってみないと分からない。

‐山本美憂‐

全力で走った時にかく汗とは実に気持ちの良いものだ。

だから人生で大汗をかいて欲しい。

そうすれば結果はどうあれ決して後悔はしない。

‐アイルトン・セナ‐

自分自身との約束が守れたら、“感謝心”を自分に向けるといいかもしれない。

約束を守れたから立派だとか、偉いとかそういうことではない。

「ありがとう」と自分で自分に感謝する

‐桜井章一‐

悪くなったのは自分のせい、

良くなったのは他人のおかげ。

‐IKKO‐

自分の言いたいことをただ言うんじゃなくて、

相手の話を聞いて気持ちを汲んであげようとすることが大切なんじゃないかな。

人の話を素直に、謙虚に、偏見を持たずに聞ける人って、すごく少ないと思う。

‐宇多田ヒカル‐

やらない後悔よりやった後悔のほうがいい。

‐伊達公子‐

愛しているとは何回も言ったけど、

ありがとうとは言ったことがなかった。

‐映画ダイハードより‐

料理人に会ったら料理のこと、運転手に会ったらクルマのこと

坊さんに会ったらあの世のことでも何でも、知ったかぶりせずに

素直な気持ちで聞いてみたらいい。

自慢話なんかしているより、ずっと世界が広がるし、

何より場が楽しくなる。

‐北野武‐

後悔するのは選ぶ自由があったから。

面倒臭がるのはやりたいことが沢山あるから。

寂しくなるのは大切な人がいるから。

悔しいと思うのは自分に誇りがあるから。

言いたいことが口から出ないのは想いで詰まっているから。

‐野原ひろし‐

人が後悔する主な理由

人間はいったいなぜ後悔するのでしょうか。

後悔するのにはいくつかの理由があります。

1.人間が生き残るため

まずは人間が生き残るためです。

はるか昔

まだ人間が狩りをして食料を調達していた時代

狩りの方法や水の調達など

より良い方法をあれこれと模索してきました。

失敗する度に後悔をくり返し

生き残るための術を身に付けてきたのです。

その時代の名残が現代にも受け継がれ

多くの人間が

「やっておけば良かった」

「止めておけば良かった」

などと後悔しているのですね。

2.ツァイガルニク効果

2つ目はツァイガルニク効果と呼ばれるものが働くためです。

人間は達成できたものよりも

達成できなかったものや

途中で終わってしまったものの方を

鮮明に覚えているというもの。

仕事や恋愛

趣味など

あらゆるものに対してツァイガルニク効果が働き

その結果

後悔するようになってしまうのです。

後悔しない人生を歩むために意識したいこと

最後に後悔しない人生を歩むために

意識したいことを見ていきましょう。

1.物事は自分で決めるようにする

1つ目はすべての物事を

自分自身で決めるようにすることです。

いつも誰かに言われたことやアドバイスされたことを

そのまま受け入れてしまうのではなく

自分自身で判断をしてやるかどうかを決めるようにしましょう。

自分で決めたことであれば

例え結果が上手くいかなかったとしても

納得できるようになるはずです。

2.タイミングを逃さない

2つ目はタイミングを逃さないことです。

「やってみようかな」

「やってみたいな」

と思えることがあったら

タイミングを逃さずにすぐ実行してみましょう。

タイミングを逃すと

次第にモチベーションが下がって実行できず

「やっぱりあの時、やっていれば良かった」

と後悔することになりかねません。

3.他人と自分とを比較しない

他人と自分とを比較しないことも大切です。

自分よりも恵まれている人

成功している人を見ると

ついつい自分と比べてしまいがち。

しかし他人は他人

自分は自分です。

他人とではなく

過去の自分と比べて

「どう変わったか」

「成長したか」

を考えてみましょう。

スポンサーリンク
スポンサー広告




スポンサー広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサー広告