名言・仕事を楽しくする10の方法・動画

スポンサー広告



心理カウンセラー・ ラッキーさんの動画を参照(https://youtu.be/A91Zo-A7nJQ)

仕事を楽しくする10の方法

ところで、皆さんは

仕事は楽しいですか?

よっぽどの働き者でない限り

仕事は楽しくないです。

仕事が楽しくないのは

仕事とは

作業の連続だからです。

コピーを取るとかデータ入力とか

飲食店なら皿を洗う、接客する、トイレ掃除をする。

このように単純作業の連続が仕事なんです。

仕事の楽しいのは最初の1ヶ月。

マンネリ化してつまらなくなる➡➡➡ハングオーバ―効果

どうすれば仕事をたのしくできるのか?

それは脳を攻略する。

脳の性質を利用して、脳を上手くコントロールする。

仕事を楽しくする10の方法

1.睡眠は超重要

6時間睡眠で酩酊状態に

6時間睡眠を2週間続くと脳は、酔っ払い状態になります。

本人は自覚症状は感じず、睡眠は人格を変える。

日本人の平均睡眠時間(世界最短)

男性 6時間30分

女性 6時間40分

㊟ 多くの日本人は一年中ほろ酔い状態

ほろ酔い状態では、集中できない。根気がない。(ストレスがたまる)

ストレス解消の為に余暇の時間が長くなる。

睡眠時間が長くなり、次の日の仕事が苦痛になる。

悪循環から抜け出すには、睡眠時間を増やすしかない。

必要な睡眠時間は95%の人が7~9時間が

適正な睡眠時間と言われています。

8時間寝ましょう。と言われています。

一流のと呼ばれている人たちは、平均睡眠時間は8時間36分。

●寝る子は育つ

●寝る大人は楽しく働ける

仕事を楽しくする10の方法|しあわせ心理学

2.陽気な音楽を聴く

陽気な音楽を聴くと苦労が小さく感じられる。

面白い心理実験

●Aグループ 陽気なモーツアルトの曲

●Bグループ 陰気なマーラーの曲

A、Bグループを急斜面に連れて行ったら

Bグループ(陰気な曲を聴いた人)は「この坂は31度もある」

Aグループ(陽気な曲を聴いた人)は「この坂は19度しかない」

との感想です。

陽気な曲を聴くと困難や苦労が小さく感じる。

オリンピック選手等スポーツ選手は陽気な音楽を聴いて

緊張を沈め、リラックスし、楽しくスタートをしょうとする心理効果。

3.職場に好きな人をつくると楽しくなる

職場内に尊敬する人をつくる。

友人をつくる。

コミニケーションを楽しくするのがポイントです。

4.口角をあげる

口角をあげると作業は楽になる。

顔面フィードバック効果

笑顔を1分間以上作ると、脳がダマされて楽しい気分になる。

楽しい気分になるとドーパミンが放出され

集中力、やる気がアップします。

集中して作業すると幸福感を感じます。

5.ちょっと高級なモノを使う

ちょっと高級なモノを使うとモチベーションが上がります。

例えば、鞄、手帳、靴など。(ケチらない方が自分の為にもよい)

おススメは、紳士なノート

6.デスクに鏡を置く

デスクに鏡を置くとストレスが減る。

コールセンターは、お客の苦情、商品説明などストレスが溜まる職場です。

この職場のデスクに自分が見える鏡を置くと、あら不思議。

トラブルが減る。

メタ認知

自分を見ると心が落ち着く

ホーソン効果

人の目があると、集中力が上がる。

メタ認知、ホーソン効果によってストレスが減少する。

7.自分で目標設定するとやる気がアップ

仕事というのは100%やらされ仕事です。

「入力してくれ」

「皿を洗ってくれ」

「4時までに終われせてくれ」

やらされ感

やらされ感強いと

・心臓に悪い

・だんだん無気力になる。

動物園のぞうさんは野生のぞうさんの寿命は1/3か1/2の寿命。

やらかせ感が強く、寿命にも影響します。

やらせれ感は身体にも心にも毒になります。

仕事のやらされ感をなくすには?

自分の目標に変換する。

例えば、上司から「4時までに終わらせてくれ」と言われたら

「3時までに終わらすぞ!」

「びっくりさせてやるぞ!」

自分なりの目標に変換する。

自己決定感

「~するぞ!」と決め、行動すると

やる気アップ

集中力アップする。

その代表例がイチロー選手です。

私は強制されるのはいやですが

自分の自主性に任されると

自分はやることはやるほうでしたから

監督やコーチに言われてやるのではなく

自分で目標設定して、それに合わせた練習メニューを

自分で組んでいる。

8.公園を歩くとストレスが軽減される

お昼休みに公園でお弁当食べてる人がいます。

これは大正解です。

これを

グリーンエクササイズ

たった5分公園を歩くだけで

・ストレス軽減

・集中力アップ

9.収入の1割を貯金する

収入の1割を貯金すると、やりがいを感じる。

もしも、収入がすべてが「支払」にまわるのなら

それは「支払先のため」に働いているのと同じ。

大家さんの為。

電気代の為。

携帯電話台の為。

お金が右から左だと仕事にやり甲斐を感じなくなります。

収入の1割を貯金すれば

例えば20万円の給料で

年間24万円。

5年で120万円が貯まります。

これがやり甲斐につながります。

10.本を読むと知識を試したくなる

自分の仕事に役立ちそうな本を読むと

新しいアイテムが手に入ります。

例えば

「グーグルカレンダーはこんなに便利なんだ。」

「ドロップボックスを使えば今の仕事がらくになるぞ。」

「エクセルにこんな小技あったなんて」

新しいアイテムが手に入ると試したくて

ウズウズするし、仕事も楽しくなります。

まとめ

1.8時間寝ましょう

2.通勤、昼休みに陽気な音楽を聴こう

3.職場に好きな人をつくる

4.ニコッと口角をあげて仕事をしょう

5.ちょっと高級なモノを使う

6.デスクに鏡を置く

7.仕事を『自分なりの目標」に変えよう

8.昼休みには公園に行こう

9.収入の1割は貯金をしょう

10.自分の仕事に役立ちそうな本を読む

スポンサーリンク
スポンサー広告




スポンサー広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサー広告