名言・間違いを認める・萩本欽一

スポンサー広告



『間違いを認める・萩本欽一』

高校時代は、新聞配達のほかにも

色々なアルバイトをやった。

西銀座のデパートで、窓と床のお便所を

きれいにして、1日340円。

封筒のあて名書きをやって、1日240円。

錆び付いた鉄板を磨く仕事が、一番高くて

1日400円。

賄いを目当てに

飲食店の出前のバイトもやった。

ある日、自転車に乗って出前をして

見せに帰る途中

新宿の交差点で信号待ちしていたらさ

「おまえ、何しやがんだ!」って

おじさんが顔を真っ赤にして

ボクに近づいてきたんだよ。

「何って、なんですか?」

「なんなんですかじゃねえだろう。

ココを見てみろ!」

おじさんの車に横線が入っていたの。

ピッカピカの新車に長いひっかき傷が1本。

ボクが知らないうちに

自転車の荷台に載っている

アルミ箱の角かなんかで

ひっかいちゃったみたいで・・・・。

「お前が働いている店はどこだ。

店の名前を言え!」

「言わないよ。ボク」

「言わないじゃないだろう、言えよ!

すぐに店に連絡しろ!」

店、店の名前って言うから

ボクは言ったんだ。

「おじさん、ボクはアルバイトなの。

1日230円。

店のオジさん、いい人だから

ボクのかわりに払ってくれると思うけど

小さな店だし、そんな大金払ったら

大変なことになっちゃうよ。

おカミサン、泣いちゃうよ。

だから、お店の名前はいえない」

「おまえのウチは?」

「ウチにお金がないから

アルバイトをしてるの。

おじさん、むちゃなこと言わないでよ。

ウチの親から取ろうとしてるんでしょ。

親が困らないように

ボクがアルバイトしてるのに」

インチキはダメだ。

絶対に逃げないぞ、とボクは思った。

「おじさん

ボクをおじさんの会社まで連れて行って

その分だけ、働かせるのが

一番いい方法だと思うんだよ。

どれだけでも働くから。

おじさんの車のあとを自転車で

追いかけてついて行くからさ」

そしたらさ、おじさんが急に。

「君の言っていることが正しいな。

ボクの言っていることが間違ってた」

って。

「オレも君みたいにアルバイトして

頑張った頃があって、今

車を買えるようになったんだ。

そのことを思い出した。

学校を卒業したら、オレの会社においで。

ごめんな…。」

おじさん、涙をためて「さようなら」って

名刺を1枚残して去って行ったの。

ボク、叔父さんの背中を見ながら

泣いたよ。

ボロボロ泣いたよ。

ところがさ

ボク貰った名刺をなくしちゃって。

いつか恩返ししょうと思ってたのに

なくしちゃって。

オレって、どう言う人間なのだろうかと

自分を疑っちゃったよ。

それでテレビに出られるようになってから

いろんな番組でその話をして

活字でも言い続けたんだけど

おじさんからの連絡はなし。

昭和62年になって

ボクがテレビをやめようとしたときになって

やっと手紙が来たんだ。

「テレビや雑誌であなたが

私のことを言ってくれていることは

知っていました。

でも、あなたが懸命に働いている時に

名乗り出るのはイヤでした。

あなたがお休みすると聞いたので

手紙を書きました。

ゆっくり休んでください」

すっごいでっかい会社の社長さんだった。

「ボクが間違っていた」

と言える人ってカッコいい。

そういうカッコいい人って

社長になっちゃうんだよね。

~萩本欽一~

*******************

感動した。

下向きな、力強い気持ちの欽ちゃん。

「ボクが間違っていた」と言える

心の大きさ。

欽ちゃんと社長の未来の人生が

見えた瞬間です。

本当に素敵と思います。

欽ちゃんのギャラのアップ要求は?

欽ちゃんに

24時間テレビの司会を依頼し

そのギャラ交渉に局のフタッフが行った時

幾らギャラを上げても

欽ちゃんは「いや、もっと」と

言って交渉が全然まとまらなかったらしいです。

局側が「もうこれ以上は出せない

今日の交渉でダメだったら

萩本欽一は諦めよう」と

最後の交渉に行ったら

萩本欽一さんは「いいよ」と

承諾したらしいのでしたがその後

「そのギャラ、全額寄付ね」と言って

その結果ギャラは24時間テレビに全額寄付と

なったらしいです。

スタッフは

欽ちゃんの格好良さに

しびれたらしいですが

私もしびれました。

スポンサーリンク
スポンサー広告




スポンサー広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサー広告