憂鬱な気持ちを前向きに変える方法は?偉人や有名人の名言集を紹介

スポンサー広告



長い人生の中では大なり小なり

誰でも憂鬱な気持ちになるものです。

しかし、憂鬱さをいつまでも引きずってしまうと

社会生活にも大きな支障をきたしかねません。

できるだけ早く、前向きな気持ちに切り替えることが大切です。

今回は憂鬱な気持ちを前向きに変える方法について

偉人や有名人が残した名言集と一緒に紹介します。

憂鬱な気持ちを前向きに変えてくれる名言

過去の偉人や有名人が残した言葉の中に

憂鬱な気持ちを解消してくてるヒントが隠されています。

あなたの心に響く一言を見つけてみましょう。

あのね、もう苦しまなくていいよ。

それ以上、落ち込む必要ないし、誰かにとやかく言われるのはおかしい。

おかしい。

他人に気を使いすぎちゃいかん。

君は君の一生を大切にしなさい。

辻仁成

何もかもが上手くいくはずはないのだから何もかも上手くいかせようとするのは、

方法論として間違った考え方だ。

阿佐田哲也

人生に無駄なんてことはない。

この時間を生かすも殺すも自分次第。

田中将大

多くの人は失敗をすると反省という

負のエネルギーでクヨクヨし

不安要素をさらに強化してしまう。

西田文郎

もし誰かに『お前は負け組だ』と言われたとしても

『ああ、いま俺は負けているのか』

くらいの軽い気持ちで考えていればいいんじゃないでしょうか。

万が一にも、落ち込む必要なんてまったくありません。

蛭子能収

ある程度の年齢になると

人生とは自分の考え方次第で変えられるものだということが分かる。

ウィリアム・ジェームズ

正しいことをやっているが、成果が出ないときは

私は気分を変えるようにしています。

羽生善治

みんなは起こりもしないことを想像して悩んでいる。

そんなもの起こってから悩めば良い。

高橋みゆき

生きていれば、落ち込むこともあります。

状況を好転できると思ったら、ぜひ努力すべきです。

でも、変えられないなら

それを受け入れて歩み続けるしかありません。

何があっても「生きていることを楽しもう」という気持ちを忘れないで。

ターシャ・テューダー

私が好きだった食べ物と積み重ねた仕事

考え方の根底にあるものは全て同じです。

凝りに凝った考えなどありません。

カーネル・サンダース

自分にコントロールできないことは、一切考えません。

考えても仕方ない。

松井秀喜

「自分はできる!」と思えればいいが

そうでない場合は、「できる!」と思い込もうとしないほうがよい。

不安を書き出したり、信頼できる人に相談することが重要。

中野信子

落ち込むことを恐れ

自分の弱さを見ないふり

自分のダメさを隠していると

ずっとこの「光」は見えない。

真っ暗な世界に落ち込んでこそ始めて見える光があるのです。

心屋仁之助

憂鬱な気持ちになりやすい人が持つ特徴

同じような状況下でも

憂鬱になりやすい人となりにくい人の

2パターンがあります。

両者の違いはどこにあるのでしょうか?

完璧主義で責任感が強い

小さなことに対しても完璧にしなければ気が済まず

また

自分が任されたことに対して大きな責任感を持つ人は

憂鬱な気分になりやすいといわれています。

常に高い緊張感を抱き続け

さらに自分のキャパシティを超えて頑張り過ぎてしまうことが原因です。

他人の目や評価が気になる

他人の目や評価を

必要以上に気にすることも憂鬱さを招くきっかけです。

「嫌われたくない」「悪く思われたくない」といった気持ちが大きく

他人のちょっとした言動によって

すぐに悲観的になってしまいます。

.自己洞察力が低い

最後の特徴は自己洞察力が低いことです。

自己洞察力とは

客観的に自分の心身状況を理解する力のこと。

憂鬱になりやすい人は心身が疲弊していても気づきにくく

「まだ大丈夫」といって頑張り過ぎてしまいます。

憂鬱な気持ちをスッキリ解消!いますぐできるリラックス法

最後に憂鬱な気持ちをスッキリ解消する

いますぐできるリラックス法を紹介します。

中強度の運動をする

うっすらと汗ばむ

中強度の運動が憂鬱な気持ちの解消によいといわれています。

ウォーキングやジョギング、サイクリングといった

一定のリズムに沿って身体を動かせる活動がおすすめです。

運動習慣がない人は

自宅でストレッチをするのもよいでしょう。

ストレッチによって凝り固まった筋肉がほぐれて

心身のリラックスをもたらしてくれます。

.感じている不満や不安を、誰かに話す

いま感じている不満や不安を

家族や友達などの信頼できる相手に話してみましょう。

たとえ解決策を見出せなくても

誰かに話を聞いてもらうだけで

憂鬱な気持ちがスッキリします。

また、まったく関係のない話をしてお腹の底から笑うのもおすすめです。

良質な睡眠をとる

最後は良質な睡眠をしっかりとることです。

睡眠には心と身体の疲れをリセットする役割があり

憂鬱な気持ちの解消に役立ちます。

良質な睡眠を得るためには

就寝する2時間~3時間前に入浴をしましょう。

入浴によって体温が上昇し

ちょうど眠る時間帯に体温が下がることで

ぐっすりと眠れるようになるはずです。

38℃前後のぬるま湯の場合は30分ほど

42℃の熱いお湯の場合は5分ほど湯船につかってください。

スポンサーリンク
スポンサー広告




スポンサー広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサー広告