気が合わない同僚にストレスを感じたら?上手な付き合い方を解説

スポンサー広告



職場によってはさまざまな同僚が集まり

中には自分とは気が合わない人がいるかもしれません。

ペアやチームで一緒に仕事をしたり、接することが多かったりすると、

が合わない同僚に対してストレスがたまってしまうことでしょう。

今回は気が合わない同僚との上手な付き合い方について

有名人や偉人が残した名言集と一緒に解説します。

気が合わない同僚にイライラ!状況改善に向けた名言集

まずは気が合わない同僚との状況改善に役立つ、名言集を見ていきましょう。

抵抗すれば、相手は強くなる。

しっかりと受けとめたときにだけ、相手が消える可能性がある

ニール・ドナルド・ウォルシュ‐

他人に期待などしなければ

つまらないことで感情的にならずに済ませることができる。

タモリ

他人に対して感じる「苛立ち」や「不快感」は、自分がどんな人間なのかを教えてくれる。

カール・グスタフ・ユング

最強のビジネス組織を築き、最も創造的な仕事を生み出すのは

組織内部で働く者同士の尊敬と共感だ。

ルチアーノ・ベネトン

おのおのの人が自分の心の内部にあるコンプレックスを開発してゆく代わりに

それを補う人と結びつくことによって、手っ取り早く相補性を獲得する。

河合隼雄

逆境にへこたれない忍耐力と前向きな気持ちがあれば

光明が見えてきます。

松本謙一

仕事の面でも、人間関係の面でも

育児や介護の面でも、老後のことでもいろいろな悩みが出てくる。

しかし、悩みにとらわれすぎてしまって、悩みから抜け出せないでいると

時間もエネルギーもどんどん減ってしまう。

一番まずいのは悩みによって堂々巡りの状態になることだから

まずは問題を整理してみる必要がある。

和田秀樹

嫌われたら、それ以上の力で好きになれ。

斎藤茂太

安定した組織は良いけれど、その状態に慣れてしまうと成長がありません。

栗山英樹

ユーモアと冷静さと、男性的勇気とは

いつも車の両輪のやうに相伴ふもので

ユーモアとは理知のもつともなごやかな形式なのであります。

三島由紀夫

どんな人間関係のトラブルも解決するにあたって最初に捨てなければならないのは

「自分が否定されている」という被害妄想です。

江原啓之

自分は自分、相手は相手と線を引くことは健康な人間関係の基本。

水島広子

「信用」するのではなく「信頼」するのだ。

「信頼」とは裏付けも担保もなく相手を信じること。

裏切られる可能性があっても相手を信じるのである。

アルフレッド・アドラー‐

互いに相違点があることは認めよう。

たとえ今すぐ相違点を克服できないにしても

少なくとも多様性を認められるような世界を作る努力はできるはずだ。

ジョン・F・ケネディ‐

同僚と「気が合わないな」と感じる主な理由

たくさんいる同僚の中で

特定の人とだけ「気が合わないな」と感じるのはなぜでしょうか?

主な理由は次の3つです。

自分の嫌な部分や欠点を持っている

まずは、自分自身にある嫌だと感じている部分や

欠点を相手も持っているためです。

相手を見ていると

まるで自分の嫌な部分や欠点が浮き彫りになるように感じることから

「気が合わないな」と感じてしまいます。

最初から「合わない」と決めつけている

人の第一印象はとても大切ですが

第一印象が必ずしも当たっているとは限りません。

最初から「合わないな」と決めつけてしまうと

相手の本質に気がつかないまま、ずっと苦手意識を抱いてしまうことでしょう。

考え方や信条、信念などがまったく異なる

自分と考え方や信条、信念などがまったく異なると

人によっては付き合いにストレスと感じてしまうかもしれません。

仕事に対する考え方や取り組み方

時間やお金の使い方

人との付き合い方などがまるっきり違うと「気が合わないな」と感じます。

もう気が合わない同僚にストレスを感じない!上手に付き合っていくための方法

最後に気が合わない同僚にストレスを感じず

上手に付き合っていくための方法を紹介します。

相手の長所に目を向ける

一般的にはどのような人にも、長所と呼べる部分があるはず。

気になる部分や嫌な部分にばかりフォーカスして「気が合わないな」と思うのではなく

積極的に相手の長所に目を向けてみるとよいでしょう。

自分にはできないことや優れている部分に着目すると

相手に対する見方や感じ方も変わってきます。

自分が正しいと思わない

特に自分の考え方や意見と異なる同僚に対して「気が合わない」と感じる場合

自分が必ずしも正しいと思ってはいけません。

冷静に、そして公正な目で状況を見ると

もしかすると相手の方が正しい場合もあるはずです。

積極的にコミュニケーションを取ってみる

最後は積極的にコミュニケーションを取ってみることです。

多くの人は自分に対して明るく話しかけたり

好意的に接してくれたりする人に対して、悪い印象は抱きません。

相手に対する苦手意識を一旦取り払って

自分から明るくあいさつをしたり

世間話をしたりしてみましょう。

スポンサーリンク
スポンサー広告




スポンサー広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサー広告