名言・コツコツ継続の力は、夢をかなえる思考と行動

スポンサー広告



練習したからといって

すぐに結果がでるものではない。

毎日コツコツ

努力していると

人間はある日

突然、成長する。

ー桑田真澄ー

勝負事には運は必要だが

それ以上に大切なのは

毎日努力を続けることだ。

コツコツやってきたことが実って結果となる。

その積み重ねが運を呼び込む。

ー三浦知良ー

「頑張っている人」は、とてもかっこいい。

そういう人を見ると涙がでそうになるほど

感動します。「頑張ること」をみっともないと

思わないで下さい。

「頑張ること」にテレないで

夢をつないで下さい。

コツコツ努力する姿は、かっこいいですよね。

―中谷彰宏ー

持続するためには、絶えず工夫改善して

進歩させることです。そのうえで

コツコツ努力することです。

少しでも進歩すれば楽しくなります。

楽しくなると、続けたくなります。

ー鍵山秀三郎ー

偉大な人々によって達成され維持された高みは

突然の飛翔によって達成されたものではない。

彼らは仲間が眠っている間

夜もコツコツと努力していたのでした。

―ロングフェローー

努力に即効性はない。コツコツやるしかない。

いつの時代にもいる一流選手と自分は

何が違うのか。それを考えながらやるしかない。

―野村克也ー

コツコツやってもと思う前に

コツコツやれ。

コツコツの後に成功がある。

ー島田洋七ー

~~~~~~~~~~~~~~~

コツコツ継続するためには

目標設定が重要と思います。

目標設定をする方法

ベーシック法

「目標項目」「達成基準」「期限設定」「達成計画」の

4ステップからなっている。

◆目標項目の設定

目標項目は「何を達成するのか」を指します。

4つのタイプあり。

①向上・強化

よりレベルアップさせていこうという目標項目。

例:昨年は英語スクールに通い英語がだいぶん上達した。

今年は、海外に行って英語を試してみよう。

②改善・解消

現状で問題を抱えていて、それを改善したり

解消したりしようという目標項目。

例:昨年は浪費が重なり、ほとんど貯金が出来なかった。

今年は、お金をちゃんと貯めよう。

③維持・継続

現状を維持すること。

今までやってきたことを継続すること自体難しい。

それも目標項目に設定できます。

例:昨年は毎月50㎞のジョッキングを続けてこれた。

今年もこの調子で頑張ろう。

④創出・開発

新しいことを始めようとする時の目標項目。

例:昨年は映画・読書など頭を使う趣味が多かった。

今年は、マラソンに挑戦してみよう。

◆達成基準の具体化

「どれくらい出来るようになればゴールなのか」を

具体的に設定します。

「数値化」です。

数値の基準:「毎月50㎞のジョッキングを継続する」

状態の基準:「東南アジアで現地法人とストレスなく英語で会話。

スケジュール基準:「今年中に勉強している資格を習得する」

達成基準は具体的である方が効果的!

◆期限の具体化

「何を」「どれくらい」までが設定出来たら

次に、「いつまでに」を設定します。

◆達成計画の具体化

「何を」「どれくらい」「いつまでに」だけでは

目標達成のための行動が起こせません。

目標達成するためには

「どうやって達成するか(達成計画)」を

考える。

頻度や手段、活用ツールなどあらゆる角度から具体化

して行きましょう。

スポンサーリンク
スポンサー広告




スポンサー広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサー広告