名言・長島茂雄編

スポンサー広告



私たちの野球選手のヒーローは

長島選手、王選手の時代です。

背番号3.1

守備位置は、サード、ファースト

打順、3,4番

番号の取り合いでした。

どれほど、憧れた選手です。

今も、私たちのヒーロー。

1.

キャンプでアメリカへ

「こっちの子は英語がうまいなぁ」

「こっちは、外車ばかりだねえ。さすがアメリカだ」

2.

バースデーアーチを打った選手を祝福

「凄いなぁ、俺は今まで

い一度も打ったことがないよ」

㊟長島茂雄の誕生日は2月20日

2.

オリンピック日本代表監督といという立場にありながら

韓国の選手に指導

3.

スランプの年

敵チーム国鉄の砂押監督宅へ行き

夜中に直接指導を受ける

見事スランプから脱出

翌日の試合で国鉄からホームランを打つ。

4.

うーん、この試合は

一点でも多く取った方が勝ちでしょう。

5.

失敗は成功のマザー

ピッチャーゴロは取らないで

俺に任せろ

サードとして一番の見せ場なんだから!

6.

「サバってどういう字を書くんでしたっけねえ?」と記者聞き

「魚ヘンに青ですよ」と答えたら

「魚ヘンにブルーですか」

その後、すし屋に行った時

「ヘイ、シェフ、サバはフィッシュ編にブルーと書くんですよ」

7.

努力していますと練習を売り物にする選手は

プロフェショナルとは言えない。

なにか一つのことに脇目もふらずに打ち込める時期を

持てる人は幸せかもしれない。

今の若い人達はのめり込めるものを見失っている。

不幸な時代だと思うけれど

時代のせいにするのはどうかな。

8.

槇原が完全試合継続中に

「槇原が緊張するからパーフェクトと言ってはだめだぞ」と

槇原の目の前で言う。

9.

デーブ大久保が長嶋監督に

「監督、少しスイングがおかしいので見てもらえませんか」

(素振り)

監督「うーん、どれどれ」

大久保にバットを返して

「どうだった?オレのスイング」

10.

一茂の小学校の卒業式で答辞を務めるも

あまりの長さに途中で

壇上から降りるように言われ

「時間がないんですか?それじゃ、続きはまた来年」

11.

片足の足に靴下両足分はいて「靴下がない」

12.

なぜ逃げるのか。

打たれて命を取られるのか。

打たれたからって、命を取られるわけないんだ。

逃げるな。

13.

デビュー開幕戦でも4連続三振。

監督としても最初は最下位。

後はよくなるばかりだと思うしかなかった。

14.

試合後「車の鍵がない」と大騒ぎ。

周りの選手も大騒ぎ。

「ごめん。今日は、新聞社の方の車に乗せてきてもらったんだ」

試合後、「車の鍵がない」と大騒ぎ。

周りの選手も大騒ぎ。

「ごめん。今日は、電車できただ」

15.

「来た球を打て!」

バッティング指導を受けた掛布(敵チーム阪神選手)はスランプ脱出。

16.

ホテルでのチェックインする際の職業欄に

「長嶋茂雄」

スポンサーリンク
スポンサー広告




スポンサー広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサー広告