【コンプレックス】劣等感を払拭してくれる名言

スポンサー広告



「自分には能力がないから」

「あの人と比べて、私は劣っている」

など、コンプレックスや劣等感を

常に抱いている人はいませんか?

他人よりも劣っているという気持ちは

ときに私たちの心を傷付け

苦しめてしまいます。

できればコンプレックスや劣等感を持たずに

堂々と前を向いて生活していきたいですよね。

今回はコンプレックスや劣等感を払拭してくれるような

過去の偉人たちの名言集をお届けします。

【コンプレックス】劣等感を払拭してくれるような名言

それではさっそく見ていきましょう!

いまのあなた自身を受け入れて

未来に向かって歩んでいけるような

名言を見つけてくださいね。

(1)

どんな人にだって

その人の身体にコンプレックスを持っている。

どんなにパーフェクトな人にだって

コンプレックスがあるってことを知っていれば、

あなたらしく生きられるのよ。

‐テイラー・スイフト‐

(2)

劣等感の強い人は「それはできない」とよくいう。

「できない」のではなくて「しない」のである。

成績をあげたいと思えば、くよくよ考えたり、

夢ばかりみていても成果はあがらない。

‐大原健士郎‐

(3)

自分の長所にうぬぼれてはならない。

自分の短所に劣等感をもつ必要もない。

長所も短所も天与の個性

持ち味の一面なのである。

‐松下幸之助‐

(4)

私は劣等感を肯定し

駄目な俺が失敗して

元々やという居直り精神から再出発した。

小さなプライドを捨てた。

見栄や気負いもなく

無欲恬淡に手当たり次第のことをやってきた。

他人に笑われることを恐れなくなったおかげで

本当にいろいろなことができた。

‐竹村健一‐(評論家)

(5)

人間は誰だって劣等感を持っている。

他人にひけ目を感じる部分を

必ず持っている。

ハッキリそう認めてしまえばいい。

居直るのだ。

-作者不詳-

(6)

他人のために思いっきり尽くすこと。

そうすると、あなたの些細はコンプレックスなど

7月のとうもろこし畑にたたずむ霧のように

まるで跡形もなく無くなってしまうだろう。

‐デール・カーネギー‐

(7)

周囲の誰かと自分を比べても

優越感や劣等感が生じて疲れるだけで

何の得にもなりませんが

昨日の自分と比べると自分の成長につながります。

「他の人より上」でなく

「自分史上最高」を目指せばいいのです。

‐高田明‐

(8)

コンプレックスを理由にして

現実から逃げ出す人はいる。

でもコンプレックスをバネにして

大成功をする人もたくさんいるのだ。

‐アルフレッド・アドラー‐

(9)

自信と劣等感とは、矛盾したパワー、エネルギーです。

しかし、この両方を一人の心の中に

バランスよく持ち続けていくということは

漫画のみならず

作品を描く人間にとって

とても大切なことだと思うのです。

‐藤子・F・不二雄‐

(9)

嫌だと思っているのは自分だけで

人は気にしていない。

欠点のいくつかは

誰に害を与えるものではない。

本人にとっては大きな生身でも

コンプレックスのほとんどは

自分だけの問題だ。

-秋元康-

(10)

自分の不完全さを受け入れとそれは

コンプレックスではなく個性となる。

-須藤元気-

(11)

何もかもそろった幸せなキヨ(清原選手)を見て

コンプレックスを感じないほうが

おかしいですよね。

-桑田真澄-

(12)

身長が低いというコンプレックスがあるからこそ

プレーや強い心で

勝負しなければいけないと覚悟したところから

私のバレーボール人生は始まっているんです。

だからこそ技術を磨き

頭を使い、心が強くないとバレー界では

生きていけないと思ってきた。

そのために、360日休みなく練習し

弱音も吐かなかった。

-竹下佳江-(元バレー選手)

(13)

勝負をしない奴には

勝ちも負けもないと思っているんだろう?

でもそれは間違いだ。

勝負できない奴はもう負けてるんだよ。

-忌野清志郎-

(14)

私たちを苦しめる劣等感は

「客観的な事実」ではなく「主観的な解釈」です。

主観は、自分の手で選択可能です。

-アルフレッド・アドラー-

(15)

苦しい時もある。

夜眠れぬこともあるだろう。

どうしても壁が突き破れなくて

俺はダメな人間だと

劣等感にさいなまれかもしれない。

私自身、そのくりかえしだった。

-本田宗一郎-

(16)

劣等コンプレックスに陥った人は

成功のためにどりょくするよりは

失敗を避ける方に動く。

困難を前に立ち尽くし

更に逃げるという印象を持たれるだろう。

-アルフレッド・アドラー-

(17)

相手に劣等感を持ってしまったら

たとえ自分に多少に知識があっても

それを外に向けて広めることができようか。

-福沢諭吉-

(18)

自分が醜いアヒルだと思ってたころは

こんなにたくさんの幸せがあるなんて

思ってもみなかった。

-H・G・アンデルセン-

(19)

私は耳が良く聞こえない。

でもそのために不利になったことがない。

むしろ雑音が聞こえなくなって

集中力が増してよかった。

-トーマス・エジソン-

(20)

ある時、劣等感に凝り固まらずに

自分の欠点を素直に受け入れ

それを克服する努力をしょうと

決心しました。

そうすれば、挫折感を味わうこともないと考えた。

-稲森和夫-

(21)

気に入らないことがあるならば

それを変えなさい。

変えられないならば

それに対する見方を変えなさい。

決して文句は言わぬように。

-マヤ・アンジェロウ-

(22)

「人間は誰だって劣等感を持っていまる。

他人にひけ目を感じる部分を必ず持っている。

-作者不詳-

コンプレックスや劣等感を抱きやすい人の特徴

実はコンプレックスや劣等感は

必ずしも悪いものではありません。

これらの感情を抱くからこそ

人間は成長したいと思うことができるのです。

しかしコンプレックスや劣等感を抱きすぎたり

がマイナスの方向に作用したりすると

自己嫌悪や他者への攻撃など

つながるためにつながるため注意しましょう。

コンプレックスや劣等感を

マイナス方向へ抱きやすい人の特徴について紹介します。

自己肯定感が低い

1つ目は自己肯定感が低い人です。

自己肯定感とは

ありのままの自分を好きでいられる感覚のこと。

「悪い部分も含めて、自分が大好き」と

思えるような感覚のことを指します。

自己肯定感が高いと何かミスをしてしまったり

人と比べて自分が劣ると感じるようなことがあったりしても

必要以上にコンプレックスや劣等感を

感じることがありません。

他人のミスを必要以上に責める

他人がミスをしたときに

必要以上に責める人もコンプレックスや劣等感を

抱きやすいといえるでしょう。

自分に自信がないゆえ

他人のミスを指摘することで

劣等感を感じないようにしているのです。

自分を批判する発言をする

自分自身を批判するような発言を多くすることです。

コンプレックスや劣等感を抱いている人は

他人からの指摘を極端に怖がります。

他人から指摘を受ける前に

自分で自分自身を批判することで

自己防衛をしているのです。

コンプレックスや劣等感を克服するポイントは自己肯定感

コンプレックスや劣等感を克服する方法は

最も効果的なものの一つが自己肯定感を作ることです。

ありのままの自分を受け入れ

自信を持つことで

コンプレックスや劣等感を

克服できるようになりますよ。

自己肯定感を作るために有効なのが

達成した経験を重ねること。

「自分でもやり遂げられた」といった経験を

積み上げていくことで

自己肯定感が高まっていきます。

身近なもので構わないので

何か目標を作ってみましょう。

朝早く起きる、いつもはやらない料理に挑戦してみる。

一人で旅行計画を立てて実行するなど

できる範囲でOKです。

自分で計画をしたものを無事に終えることができると

達成感につながります。

小さな積み上げが自己肯定感を高めて

コンプレックスや劣等感から

あなたを救ってくれるはずですよ。

スポンサーリンク
スポンサー広告




スポンサー広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサー広告