名言・いい言葉は人生を変える・イチロー選手編

スポンサー広告



イチロー選手の考え方と行動

オリックスで打撃投手を務めていた頃

不調に陥った選手に「投げましょうか?」と声を掛けると

ほとんどの場合「頼む」と答えが返ってきた。

練習することによって少しでも不安を取り除きたいと

思うのが人情というものだろう。

そんな中

私の申し出に一人だけ首を振った選手がいた。

当時20歳だったイチロー選手である。

試合後のその理由を尋ねてみたところ

彼は

「僕はこんな心境で試合に臨みたいんです。」と言う。

「どんな好きな野球でも、毎日続けているともう疲れた。

今日は嫌だと思う時ってないですか?

そうなっては、自分の能力って絶対に発揮できないですよ。

バットが持ちたくて、持ちたくて

しょうがないそういう心境で、僕は試合に臨みたいんです。」

そして、彼はこう、後を続けた。

「初めてお父さんとキャッチボールしたとき、どんな気持ちになりましたか?

又やりたいと思ったでしょう。

その気持ちなんですよ。

そういう気持ちがじぶんでしっかりつくれれば

絶対に技術って向上していくと思いますよ。」

イチロー選手のプロ入り3年目の年。

彼の専属打撃投手となった私は

寮生活で3年間寝食をともにし、多くのことを教わった。

彼と出会ったのは私が20歳。彼が19歳の時だった。

初めてそのバッティングを見た時

年下にこんなに凄い選手がいるのかと

舌を巻いたが

最も驚いたのは

彼が一軍に上がってきてからのことだった。

キャンプ期間中

二軍でプレーしていたイチロー選手は

夕方に練習を終えると早々に眠りに就いた。

そして皆が寝静まる深夜にこっそり部屋を出ると

室内練習場で数時間の特打ちをするのを日課としていた。

ところがシーズンが始まり一軍入りを果たした彼は

全くと言ってよいほど、練習をしなくなってしまったのである。

不思議に思って訪ねてみたところ

「体が疲れ過ぎるとバットが振れなくなるから」

とのことだった。

一軍で何の実績もない選手が

自分のやるべきことは何かをちゃんと理解して

行動している。

私の知り合いにもプロ入りした者が数名いたが

彼の取る行動や言葉のすべては他とは一線を画すものだった。

例えばこんな調子である。

「奥村さん。目標って高すぎると絶対にダメなんですよね。

必死に頑張っても

その目標に届かなければどうなりますか?

諦めたり、挫折感を味わうでしょう。

それは目標の設定ミスなんです。

頑張れば何とか手の届くところに

目標を設定すればずっと諦めないでいられる。

そういう設定の仕方が一番大事だと僕は思います。」

二軍時代のイチロー選手はマシン相手に

数時間の打撃練習をしていたが普通の選手に

同じことをやれと言ってもそれだけの時間

集中してスイングすることは出来ない。

それがなぜ、彼には可能なのかと言えば

私はこの「目標設定の仕方」にあるのではないかと言う気がする。

イチロー選手には自分にとっての明確な目標があり

その日にクリアしなければならない課題がある。

その手ごたえをしっかりと自分で掴むまで

時間には関係なくやり続けるという練習のスタイルなのだ。

私が彼の基盤として考えるもう一つの要素は

継続する力

つまりルーティンをいかに大切にしているか

と言うことである。

ある時イチロー選手にこんな質問をしたことがあった。

「今までに、これだけはやったなと言える練習はある?」

彼の答えはこうだった。

「僕は高校生活3年間1日にたった10分ですが

寝る前に必ず素振りをしました。

その10分の素振りを1年365日3年間続けました。

これが誰よりもやった練習です。」

私は現在、少年野球チームの監督を務めているが

それと比して考えてみると

彼の資質がいかに特異なものであるかが良く分かる。

例えば野球の上手な子にアドバイスをすると

何をやってもすぐできるようにならない下手な子は

なかなか思うようにいかないところが

出来るようになった上手い子がいつの間にか

その練習をやめてしまうのに対し

下手な子は粘り強くそれを続けいつかは出来るようになる。

そして継続することの大切さを知っっている彼らは

出来るようになった後もなお

練習を続けるため結局は前者よりも

力をつけることが多いのである。

その点イチロー選手は卓越したセンスを持ちながらも

野球の下手な子と同じようなメンタルティを持ち

ひたすら継続を重ねる。

私はこれこそが彼の最大の力になっている源では無いかと思う。

2000年に結成した私の少年野球チームは

当時9名の部員だったが現在

100名を越える数になりその中から

多くの甲子園球児が生まれていった。

現在、プロで活躍している田中将太投手もその一人。

彼らには自分がイチロー選手から学んだことを

折に触れては話し

野球に取り組む姿勢として

それを生かしてほしいと伝えてきた。

自分で目標を持ちそれに向かっての

継続を怠れなければ必ず次の階段へと

自分を押し上げていくことができる。

そしてそれは人生を生き抜く力にも繋がっていることを

野球を通して伝えていければと考えている。

奥村幸治(NPO法人ベースボールスピリッツ理事長、宝塚ボーイズ監督)

イチロー選手の小学校の夢

僕の夢は「プロ野球の選手になることです。

そのためには中学、高校と

全国大会に出て活躍しなければなりません。

活躍できるようになるためには練習が必要です。

僕は三才の時、練習を始めています。

三歳から七歳まで半年くらいやっていましたが

三年生の時から今までは三百六十五日中三百六十日は

激しい練習をやっています。

だから、一週間中で友達と遊べる時間は

五、六時間です。

そんなに練習をやっているのだから

必ずプロ野球の選手になれると思います。

そして、その球団は中日ドラゴンズか、西武ライオンズです。

ドラフト入団で契約金一億円以上が目標です。

僕が自信のあるのは投手か打撃です。

昨年の夏、僕たちは全国大会に行きました。

そしてほとんどの投手を、見てきましたが

自分が大会ナンバーワン選手とと確信でき

打撃では県大会四試合の内ホームラン三本を打ちました。

そして全体を通じた打率は五割八分三厘でした。

このように自分でも納得にいく成績でした。

そして僕たちは一年間負け知らずで野球ができました。

だからこの調子でこれからもがんばります。

そして、僕が一流の選手になって

試合に出られるようになったら

お世話になった人に

招待券を配って応援してもらうのも夢の一つです。

とにかく一番大きな夢は野球選手になることです。

自分にできることをとことんやってきた・・・

◆自分にできることを

とことんやってきたという意識があるかないか。

それを実践してきた自分がいること。

継続できたこと。

そこに誇りを持つべき。

◆誰よりも自分が期待しています。

自信がなければこの場にいません。

プレッシャーがかかる選手であることを誇りです。

◆ハイレベルのスピードでプレイするために

僕は絶えず体と心の準備はしています。

自分にとって最も大切なことは

試合前に完璧な準備をすることです。

◆自分を客観的に見て、やるべきことをやります。

それは、どんなときにも変わらないものなのです。

スポンサーリンク
スポンサー広告




スポンサー広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサー広告